2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2005年から2006年にかけての年越しは、第九三昧でございました。
 偶然にも、一晩で3通りの第九を聴く、という幸運に恵まれまして、じっくりたっぷり堪能致しました。

 第九その1)ウラディミール・アシュケナージ指揮/NHK交響楽団
 NHK-FMで聴き、テレビでも一度見たのですけれど。
 31日の夜、紅白よりこっちの方が面白そう、ということでまた見てしまいました。
 テンポ設定もソリストも、合唱も。好みの演奏だったものですから、つい……。

 第九その2)小林研一郎指揮/東京フィルハーモニー交響楽団
 テレビ東京系で毎年放送されているジルヴェスター・コンサートで演奏されたものです。第九の第4楽章の途中、確か208小節目、プレストの部分から演奏されたように記憶しています。
 歓喜の歌の部分でグッとテンポが落ちて、じっくり聞かせるような演奏だったことには、少し驚かされました。なるほど、ああいうのもアリなんですね。
 2005年12月31日午後11時58分を過ぎた頃から、テレビ画面には刻々と秒針を刻む時計が表示されまして。あと1分、あと何十秒しかないけど、曲が終わるのかしら?
 というドキドキ感と共に、曲を最後まで聴きました。
 そして、曲が終わった瞬間。
 無事、2006年1月1日を迎えました。
 第九終了後にインタビューされた小林さん。「もう二度とやりたくない」と仰ってましたが。年明けと曲の終了をピタリと合わせなければならない、というのは、やはりかなりのプレッシャーだったのですね。
 でも、聴いている側としましては、第九終了と共に2005年を終えて。モーツァルト・イヤーの2006年最初に聴くのが交響曲第41番の第4楽章、という。なかなか貴重な経験ができて、楽しませていただきました♪

 第九その3)岩城宏之指揮/岩城宏之オーケストラ
 この日、午後から行われていた「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2005」がテレビで生中継されておりまして。それを拝見しました。
 お正月ということで戻っていた実家にケーブルテレビが入っていまして。中継されている&見ることができる、ということに第6番『田園』の第2楽章終了目前で気がつきまして。どーせなら、第九も聴こう!と思いまして、布団の中に入って聴いておりました(汗;)。
 岩城さんが指揮する第九といえば。気になるのは、第4楽章330小節目のティンパニです。
 私が持っているミニスコアでは、オーケストラも合唱も、皆さんフォルティッシモで全開で「vor Gott」なのですが、ティンパニさんだけはデクレッシェンドしているんですね。
 でも、元打楽器奏者の岩城さんは、その楽譜の指示に疑問を持たれたそうで。
 ベートーヴェンさんの直筆の楽譜が虫干しされた時に、その部分を確認したのだそうです。で、岩城さんの結論は。

 これは、デクレッシェンドじゃなくてアクセントだ!

 以来、岩城さんは第九を振る時に、その部分でデクレッシェンドさせない。
 ということを数年前、彼の著書で読みまして。一度、自分の耳で確かめてみたかったのです(マニアックな上にピンポイントな興味で申し訳ないです;)。

 で、1楽章から曲が進んで第4楽章。
 曲をBGMに半分寝ていたのですが、その部分の直前でハッ!と目が覚めて、確認致しました。本当にフォルティッシモのままでした、ティンパニさん!
 本で仰っていたことは本当だったんだ!
 と、妙な事で感激しつつ、第九を最後まで聴きまして。
 9曲の交響曲を全て一人で振りぬいた岩城さんと、演奏していたオーケストラの皆さんと、聴いていた観客の皆さんと(だって、全曲通してずーっと聴くのも大変だと思うのです)。傑作ばかりの交響曲を9曲残したベートーヴェンさんに拍手を!

 ……と思っていたのですが、続くトルコ行進曲の最中に再び眠りに引き込まれ、気がついた時には番組が終了しておりました(滝汗;)。
 だって、第九が始まった時間も遅かったですし、お酒も入っておりましたし(←自己弁護;)。
 でも、とても気持ちのいい第九でございました。

 というワケで、2005年から2006年にかけての年越しは、第九三昧な一晩を過ごさせていただきました♪
スポンサーサイト


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。