2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


G-CLEF 『G-CLEFⅣ Happy Box』
        1991年リリース
<曲目>
  1.宝島 
  2.モナリザ・パレード
  3.ブラス・マン 
  4.マーブル・ガーデン(午前0時のキングダム・パッシング)
  5.イノセント・マンズ・コーリング・イン・レイン・デイ 
  6.ロンサム・チャキチャキ
  7.ジョン 
  8.アンブレラ・ロマンス(すずらんの少女)
  9.男の哀愁 
  10.’50’sセッション
  11.メモリー・オブ・ノンチャ

<メンバー>
 Violin:渡辺剛、落合徹也
 Piano:榊原大 
 Cello:柏木広樹
<サポートメンバー~NENE>
 Contrabass:菅原豊人
 Precussion:宮崎仁
 Drums:橘田拓人
 Synthesizer Manipulation:松尾早人
-----------------------------------------------------------

 爽やかな曲からジャズ、テクノ風、クラッシク現代曲風の曲など、またまたジャンルレスなアルバムになっています。

 「モナリザ・パレード」では落合氏が女性ジャズボーカリストばりの華麗な(?)歌声を披露。
 「ブラス・マン」と「ロンサム・チャキチャキ」「’50’sセッション」では全員で大合唱。インストバンドなのに歌ってます。
 このアルバムリリース直後のライブで、結月の地元ラジオ番組に出演した彼ら。局のアナウンサーに「あなたたち、そんな声の出し方をしているといつか声をつぶしますよ」と言われてました(笑)。

 「アンブレラ・ロマンス」は、「ドラゴン・クエスト」や「魔法戦士レイアース」など、さまざまなゲームやアニメの音楽を担当されている松尾早人氏が作曲した曲。
 芸大の作曲科出身とあって、現代曲風の変拍子の難しい楽曲です。ドラムの方が、とても苦労なさったのだとか。
 ちなみにこの松尾さん。結月が一番好きな声優である、緒方恵美さんのアルバム「多重人格」の作曲&プロデュースもなさっていて、ツアーにも参加なさってます。
 クレフ&緒方ファンにとっては、二重の喜びでした。…いや、余計な話をしました(苦笑)。

 「イノセント・マンズ・コーリング・イン・レイン・デイ」は、文字通り雨粒を思い浮かべるような、軽やかなシンセのメロディが印象的な、3拍子の曲。コーラスが入ったり、チェロのソロが入ったり……と、アレンジ担当の落合氏曰く「ちょっと欲張っていろいろ入れすぎたかな」的な1曲です。

 「メモリー・オブ・ノンチャ」は、チェロの柏木氏が飼っていたウサギのノンチャへの追悼曲。柏木氏の優しさがよく表れているなぁ、と思う楽曲です。

(結月堂Musicコンテンツ掲載記事 より一部加筆・修正)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。