2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20051127聖響/ウィーン古典派 最終章

 10月の第3章に引き続き、「聖響/ウィーン古典派 最終章」を聴きに行きました。
 いろいろな意味で、またしても、してやられた!という感じです(笑)

 ホールに着いて中に入りましたら、渡されたチラシに「本日の公演は出演者の演出の都合上、曲順が以下の通り変更となりました」ということが書かれておりました。なるほどぉ、と思うと同時に、やっぱりな、と思いました(笑)
 というわけで、本日の演目は以下の通りでした。

--------------------------------------------
聖響 / ウィーン古典派 最終章

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調「英雄」
(休憩)
モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調
ハイドン:交響曲第45番 嬰へ短調「告別」

(アンコール)
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」より 序曲

大阪センチュリー交響楽団
指揮:金聖響
ザ・シンフォニーホール 14:00~
--------------------------------------------

 察しのよい方は、「なるほどね」とお思いになったかもしれません。
 10月はハイドン→モーツァルト→ベートーヴェンの順に演奏されておりましたが、今日は逆から演奏されました。
 それも全て、ラストのハイドンのためでございます。
 曲順が変わっているのを見た時点で、友人たちと「聖響さん、やっぱりハイドンで何か企んでるね」と口々に話しておりました。

 詳しくはまた後ほどお話しするとしまして。
 まずは、冒頭からこれを聴くことになるとは思わなかった、『英雄』です。
 平均的な演奏時間は50分余り。最初に演奏するには、少々ヘヴィーな印象のある交響曲です。でも、CDではしょっちゅう泣かされていて、生で聴くのをとても楽しみにしていた曲でもあります。

 第1楽章は、どんな風に振るのかな?と、指揮に注目して聴いていました。代表的なところを挙げるならば、楽譜では4分の3拍子×4小節だけれど、聞こえてくる音は4分の2拍子×6小節に聞こえる、ヘミオラの部分とか。
 曲やリズムに乗りつつ「ああ、そうやって振るんだ」とふむふむ頷く、妙な人と化しておりました(笑)
 クライマックスのトランペットは、華々しく登場して、2小節と3拍めで控えにまわっておられました。
 また、ティンパニの強打が要所要所をピシッと絞めていて、小気味良かったように思います。

 第2楽章は、聴き慣れているCDに収録されているよりも、速めのテンポで展開されていました。なので、少しあっさりした印象です。もう少しこってりしててもいいだんけどなぁ、と思いながら聴いていたのですが……やはり、いつも泣かされる展開部ではかなりウルウルきてしまいました。
 でも、泣くまではいかなかったのは、やはりあっさりめの味付けになっていたからかもしれません。

 第3楽章から第4楽章は、3楽章の勢いをそのまま持ち込むように4楽章に突入していたように感じました。
 本日、大阪へ向かう電車の中で聖響さん&OEKさんの『英雄』を聴いていまして。第4楽章が第5変奏に入ったときに、ふと思ったのです。
 今日の演奏って、もしかしてこの部分、テンポ上げるかもしれないなぁ、と。
 で、華々しい導入から始まって、曲が進んで第5変奏へ。聴いた瞬間に、「キタキタキターーッ! やっぱりテンポ上がったぁー!」と私のテンションも急上昇してしまいました。今日は、聖響さんに関する脳内アンテナは感度良好だったらしいです(笑)

 休憩後に交響曲があと2曲残っていたからでしょうか。独断と偏見で申し訳ないのですが、今日の『英雄』は、ちょっと抑え目で体力を温存しつつ走っているような印象でした。全体としてテンポが速かったり、あっさりめになっているのは、そのためだったのかなぁ、と。
 第2楽章でハ短調からハ長調へと転じてフォルティッシモになる所は、とても気持ちよかったですし。第3楽章のホルンは、わざと音を歪ませるように吹かせているのが面白いなぁ、と感じましたし。ああ、こういう『英雄』もアリなんだなぁ、と思う、ステキな演奏でございました。
 ただいつか、プログラムの最後にドーンとこの曲があって、フルスロットルな演奏を聴いてみたいなぁ、と欲が出てしまいました。

 休憩を挟んで、お次はモーツァルトです。
 プログラムの解説によれば、オーケストラには必須とも思われるオーボエを外したこの曲。全体としてとても柔らかく、清々しくて楽しい印象を受けました。変ホ長調、という調性はもともと柔らかい印象なのだと思うのですけれど。それを、よりソフトにした、といったところでございましょうか。
 ピリオド奏法ということで、ヴィブラートをかけないヴァイオリンの旋律がとてもクリアに聴こえるけれど、とても柔らかい、という。清々しいという印象は、その辺りから感じ取ったのかもしれません。
 第2楽章はうっとりしてしまうほど綺麗で。
 第3楽章のメヌエットはとても楽しくて、「はい、このテンポで演奏しましょうね」とオーケストラに指示してある程度リズムに乗ってきたら、あまり細かく指揮することなく楽しげにオーケストラの演奏を聴いておられた聖響さんがとても印象的でした。あまりにいいお顔で、楽しそうにしておられるので、つられて私も超笑顔で聴いてしまいました。実際、この楽章は聴いていてとても気持ちよかったです。

 とても気持ちよく、楽しかったモーツァルトの後は、本日のメインディッシュ(?)、超問題作になりそうな予感がするハイドンです。
 ハイドンの交響曲『告別』と言えば。
 タイトルどおり(?)、第4楽章のラストで演奏者が一人ずつ減っていって……という演出が施されている曲であります。
 ということを、今年3月の倉敷音楽祭で演奏された、シュニトケ作曲の『モーツ・アルト・ア・ラ・ハイドン』で知りまして。いつか、本家本元の『告別』も聞いてみたいなぁ、と思っておりました。
 まさかそれが、年内に、金聖響さんの指揮で叶うとは思いもよらず、嬉しゅうございました♪
 次々と去っていく演奏者に取り残された指揮者が最後、頭抱えて「なんてことだ!」とばかりに困った顔して指揮台に突っ伏す、なんて某M・Iさんのようなことはやらないとして。でも多分、何らかの趣向を凝らしてくるんだろうなぁ、と思いつつ。
 初めて聴く曲への期待と、ラストへの期待が相乗効果で高まる中、演奏が始まりました。

 第1楽章、第2楽章は『告別』の名に相応しい、悲しい別れを予感させるような曲調でした。特に印象に残ったのは、第2楽章。
 弱音器をつけたヴァイオリンの、抑圧されながらも叫ぶような音色がとても綺麗で、聴きながら気がついたら泣いていました。
 第3楽章のメヌエットは不思議な和声で綴られていて、曲を途中でばっさりと断ち切るような終わり方が面白いなぁ、と思いました。1楽章、2楽章、3楽章……と、音楽でいろいろな「別れ」を象徴しているようで。なるほど、確かに『告別』だなぁ、という。

 え?そこで終わってしまうの?と戸惑う気持ちが残る中、いよいよ問題の第4楽章に突入です。プレストという速いテンポで始まった曲が一度止んで、仕切りなおしてアダージョへ。
 曲が進むと、突然、チェロの後ろの方やホルン、コントラバスの辺りでいきなり、数名の団員さんたちが立ち上がりました。「ちょっと、飲みにでも行こうや」とばかりに、楽器を持って舞台下手へ去っていきます。
 ああ、来たな。皆さん、演奏を途中でやめて去っていかれるんだな。
 と思っておりましたら、後ろの席にいたオジサマたちが「え? なんで出ていくん?」と戸惑ったご様子で口々に話しておられました。
 一緒に帰ろう、と別の団員さんの肩を叩いたり。ストールを巻いて上手側へ去って行く女性団員さんがおられたり……、といった様子はまるで、「じゃぁ、皆。何か面白いことやってステージから下りようか」と聖響さんに指示されていたようではありませんか(笑)
 後ろのプルトからいなくなっていく団員さんたちを見て、途中で後ろのオジサマたちも「これ、そういう演出なんやな」と気がつかれたようでした。

 そして、ついに、弦4部の1プルト目の8人だけが残されて。
 その8人も、やがて演奏をやめて一人、また一人と去っていくわけなのですが。茶髪のチェリストさんが、聖響さんに赤いバラの花を投げて、それを受け取って胸ポケットに差す聖響さんに、思わず爆笑してしまいました。さらに芸が細かいことに、そのチェリストさん。「退場」と大きく書かれた日の丸の扇子をバッ!と開いて、ステージを横切るように上手側へ去っていかれました。
 さあ、ステージに残されたのは、聖響さんとコンマスさんと、ヴィオラの首席さんと、第2ヴァイオリン首席の女性、と四人だけになりました。
 お次は誰が?
 聖響さんは、やっぱり最後まで残るのかしら?
 と思っていましたら、動いたのはなんと聖響さんでした(笑)
 ヴィオラ首席の方が演奏を終えてステージから去っていくのに便乗して(?)、指揮台から下りて、ヴィオラの方と握手をして、
 「じゃ、自分もコレで。あとヨロシク」
 てな感じで歩いていく聖響さんが……メチャメチャ楽しそう!!(笑)
 ちょっと待って下さい。アナタまでいなくなっちゃうんですか!? っていうか、寂しいお別れの曲のはずですよねぇ、この曲って!?
 と心の中でツッコミを入れたのは、私だけではなかったはずです(笑)
 多分思わず「マジっすか!?(笑)」と声が出てしまっていたと思います。
 そして、ステージにはヴァイオリンのお二人だけが残されて、律儀に最後まで演奏して、終曲と相成りました。

 え?
 演出の記述ばかりで、曲の感想がないじゃないか、ですと?
 スミマセン。演出があまりに面白くて、「してやったり」とばかりに、悪戯っ子のような顔をしておられる聖響さんが失礼ながらも可愛らしくてですね。
 別れを惜しむかのような曲とは裏腹に、笑いの風景が展開されているステージに心奪われ、曲をほとんど聴いておりませんでした(苦笑)

 大いに笑わせていただいて盛り上がった客席の拍手に応えるかのように、団員さんたちが戻ってきたステージでは、ハイドンの交響曲では使われなかった楽器を加えるべく、椅子と譜面台がいくつか追加されていました。
 あ、アンコールやるのね?
 曲は何を?
 と思っておりましたら、聖響さんが客席の拍手にストップをかけて、お話してくださいました。
 来年の、モーツァルトシリーズの予告編、といいますか、ご挨拶といいますか。
 『歌劇「フィガロの結婚」より 序曲』でした。
 思わず、身を乗り出して聴いてしまいました。
 大盛りのフルコースをいただいた後、大皿にごっそり盛られたデザートまでいただいてしまったような満足感でした♪
 交響曲第39番の充実感といい、『フィガロ』の鮮やかさといい。
 来年のシリーズ、楽しみです。

 終演後はサイン会がある、ということで長蛇の列に並び、サインしていただきました♪
20051127 聖響さんサイン

 パンフレットの最後、とてもいいお顔で映っておられて大好きなショットなので、その横にいただきました。
 その時に、来年のモーツァルトシリーズ、全部聴きに来ます!
 と聖響さんにお誓い申し上げましたので。
 また、来年も「攻撃的なプログラム」を聴くために、せっせと大阪へ通うことになりそうです。

 今日のコンサート、本当に楽しませていただきました。
 このテンションで28日から1週間続く期末テストを乗り切ろうと思います。

(2005.11.28に一部加筆致しました)
(2006.2.2に更に一部、修正致しました)
スポンサーサイト


【当記事にいただいたコメントです】
こちらの記事には、以下のようなコメントをいただきました。
------------------------------------
コメント&TBありがとうございます(^^)
2005-11-29 20:34:58 結月秋絵
>yk様

初めまして、ようこそお越しくださいました。

サイン会は、聖響さんの公式HPにて告知があったのですが、ホールでは表立って告知されていなかったので、ご存じなかったのも無理ないかと思います。
聖響さん&大阪センチュリーさんのコンサートは、来年もほぼ2ヶ月に1度の割合でシンフォニーホールで開かれますので、また是非聴いてみて下さいませ。そのうちのどこかで、またサイン会をして下さるかも……なのです。

ハイドンの第2楽章、本当に素晴らしかったですね。
ヴァイオリンが弱音器をつけて、ノン・ヴィブラートで演奏することで、よりいっそう心に迫ってくるものがあったのではないかなぁ、と今になって思います。

コメントとTB、ありがとうございました。
またyk様のサイトにもお邪魔させていただきます。
------------------------------------
私も聞きに行きました。
2005-11-29 11:14:44 yk
図々しくもトラックバックさせていただきました。
a passion for mc の管理人です。

いやーよかったですね。
金聖響さんとセンチュリー…
サイン会があったとはつゆ知らず、そそくさと帰ってしまいましたが…ちょっと残念です。

僕もハイドンの2楽章に心を打たれた者の一人です。
じーんときました。
シンフォニーホールも本当にいいホールだなぁと改めて思いました。
-------------------------------------
レスでございます
2005-11-28 23:05:19 結月秋絵
>りゅうさま

改めまして、TBとコメントをありがとうございます。

聖響さんが振った「告別」
「早く家に帰らせて」という懇願を込めて作曲された、というハイドンさんの意図は、大いに表現されていたと思います。
今回は聖響さん、途中で指揮をやめてご自分もステージから下りてしまわれましたけれど。今度「告別」を振るときは、絶対違った演出をするだろうな、と思います。
昨日のコンサート、テレビカメラが入っていましたので、来年あたり、どこかで放送されると思います。

また、来年のモーツァルトは今年とは別物、というお言葉。仰るとおりだと思います。
その、今年とはまた違った、恐らくはより進化しているであろう音を、存分に楽しみたいと思います。

>つとさん

コメント&TBありがとうございます。
昨日は開演前から終演後まで、たっぷりお話できて嬉しい&楽しゅうございました♪
つとさんとお話したことで、コンサートの楽しみも倍増したような気が致します(^^)
私も、サインを見ては、間近で拝見した眼鏡姿の聖響さんを思い出し、「ふふっ♪」と不気味な笑いを浮かべつつ、「頑張ろう」と自分に言い聞かせております(笑)
------------------------------------
楽しかったですね
2005-11-28 22:04:17 つと
お邪魔します。
TB&コメントありがとうございました。
お会いできて、あの時間を共有できて。
さらに、サインの列にも一緒に並んでいただいて。
嬉し&楽し♪でございました。
サインを見ては、“ぬふふ”と不気味な笑いをしている私です(笑)
--------------------------------------
よかったですね~
2005-11-28 19:40:25 親父りゅう
あぁ~、よかったですねぇ。
聴きたかったです。
「告別」は、かつてのテレビ番組「オーケストラがやってきた」の最終回だったかで小澤氏と新日本フィルがやったのが印象的で、ぜひ生で聴きたい曲でした。
あのときは切ない雰囲気に満ちたエンディングでしたが、聖響さんのは、本来の温もりとユーモアに満ちた演奏だったことでしょう。

それから・・・きっと来年のモーツァルトは今年とは別物でしょう。
そんな気がします。
--------------------------------------
コメントありがとうございます。
2005-11-28 18:39:22 結月秋絵
>×1keiko様

初めまして、ようこそお越し下さいました。
コメントをありがとうございます。
昨日のコンサート、いろいろな意味で凄いコンサートでございましたね……。

私は聖響さんのファンになってから日が浅く、コンサートでは大阪センチュリーさんとの共演しか聴いたことがありません。なので、いろいろ聴いておられるというのは、羨ましゅうございます。

>聖響さんはじっとオケが熟すのを愛情をこめて待って当日まだ熟しきってなくてもその日のオケのベストをこれまた愛情をもって引き出していく方だと思います。

という×1keiko様の思い、私も同感です。
昨日の「英雄」は、どうしてもCDという“形”で残っているものと比較して聴いてしまったのですが、それでも。残り2曲との兼ね合いとか、オーケストラの調子とか。いろいろ考慮した上で、昨日できる限りの最高の演奏を聴かせて下さったのだと思います。
また、モーツァルトで少しの間、指揮棒を下ろしてオケの演奏を聴いておられたのも。きっと、オケを信用しているからこそ。いい演奏をしているオケに対して、余計な指揮をしないようにしたのではないか、と思うのです。

ハイドンでは、彼の“懲りないいたずらっ子”っぷりが存分に発揮されていたように思います。
実は、昨日のハイドンは彼が一番楽しんでいたのではないかと(笑)

これから先のコンサートでも、何をやってくれるのか楽しみですね。
そしてまた、「してやられたっ!」という思いをしに行きたい、と思いますね(^^)
--------------------------------------
英雄
2005-11-28 09:12:34 ×1keiko
本当に昨日はしてやられました。私は昨年姫路パルナソスホールでのOEK演奏会で初めて聖響さんの音楽を聴きました。2回目が6月の「田園」その次がリーガロイヤル、名古屋(OEK)・・6月の2度の「田園」と昨日の「英雄」を聞いて6月5日の「田園」を聴いて泣けてきた理由がわかりました。普通、有名な指揮者は自分の水準までオケを引っ張っていこうとされますが、聖響さんはじっとオケが熟すのを愛情をこめて待って当日まだ熟しきってなくてもその日のオケのベストをこれまた愛情をもって引き出していく方だと思います。その聖響さんの大きな「愛」に泣けたのでした。6月5日の「田園」も昨日の「英雄」と同じでした。確かに「OEK」の「英雄」に馴染んだ耳には「あれ?」と思うものがありました。でも次の13日の「田園」、してやられました。なんとテンポも軽快、途中から前のプログラムのラフマニノフのPコン3とコラボしてラグってました。本当に聖響さんは懲りないいたずらっ子です。名古屋でも大いに楽しんでらっしゃいました、、。
【当記事にいただいたTBです】
こちらの記事には、以下のブログよりTBをいただきました。

親父りゅうのつぶやき横丁さま
「聖響 ウィーン古典派 最終章(みえさん報告)」
http://blog.goo.ne.jp/lbrito/e/122beb9a790dcafa8aeb88a33507e604

春&秋&海さま
「聖響/ウィーン古典派・最終章」
http://tsutomeso.cocolog-nifty.com/meso/2005/11/post_0ee4.html

a passion for MCさま
「ハイドン・・・」
http://80372027.at.webry.info/200511/article_22.html

ありがとうございました(礼)
この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。