2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今夜のベストオブ・クラシックは、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会でした。
 番組HPによると、本日のプログラムは、以下の通り。

--------------------------------------------------------
 ▽ユーリ・テミルカノフ指揮
   サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

「幻想的ワルツ」:グリンカ作曲
「バイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品19」
                    :プロコフィエフ作曲
「“ネル・コル・ピウ”による変奏曲」:パガニーニ作曲
                  (バイオリン)庄司紗矢香
「交響曲 第5番 ホ短調 作品64」:チャイコフスキー作曲
「変奏曲“なぞ”作品36 から“ニムロット”」:エルガー作曲

  (管弦楽)サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団
                (指揮)ユーリ・テミルカノフ
--------------------------------------------------------

 帰宅時間が遅かったので、聴けたのは途中のプロコフィエフからでした。
 プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲は、庄司さんのヴァイオリンが見事で、曲そのものも面白くて、聴いていてとても楽しかったです。
 庄司さんがアンコールで弾いたパガニーニも、これまたお見事。パガニーニといえば、超絶技巧の塊といった曲が多い印象があるのですが、この「“ネル・コル・ピウ”による変奏曲」もまさにそんな感じの曲でした。私も、多少なりともヴァイオリンは弾きますが、右手の弓で弦を弾きながら、押さえている左手で弦を弾くピチカート奏法など、どうやって弾いてるんだろう!?と思う特殊技巧が満載でした。

 そして、今日のお目当てはチャイコフスキー作曲の交響曲第5番です。以前にも、NHK-FMで聴いたのですが、また聴きたくなって聴いてしまいました。
 ……だって、23日からの都響さんとの北海道ツアーとか、25日の銚子での東フィルさんとのコンサートとかで、大好きな指揮者・金聖響さんが振るんですもの♪ でも、北海道や銚子まで追っかけて行きたくても、行けないんですもの(クスン;) なので、気分だけでも……ということで、聴きました。

 おチャイコさんといえば、優雅でロマンティックでドラマティック、という印象を私は持っているのですが、交響曲第5番もそんな感じを受けます。

 第1楽章は暗く、ひっそりとしたメロディで始まるのですが、途中で転調してグワーッ!と盛り上がる辺りがたまりません。生で聴いたら、鳥肌モノでございましょう。

 続く第2楽章は、とても壮大な曲だと思います。弦楽器がフルで鳴りまくるのがこれまた、たまりません。弦が綺麗なオーケストラであればあるほど、この第2楽章は聴き応えあると思います。
 そういえば、この第2楽章。一番盛り上がる部分、どこかで聴いたことあるなぁ、と思っておりましたら、CMで流れてました。健康食品系のCMではなかったか、と思うのですけれど……。お名前は忘れましたが、とある指揮者さんが「オーケストラとは生きること、つまり生命そのものなんです」みたいなことを仰っていて、そのBGMとして流れていたことで、はっきりと記憶に刻まれております。

 第3楽章は、優雅でステキなワルツ。ついつい、うっとりと聴き入ってしまいました。

 第4楽章は、とても勇壮でほれぼれとしてしまいました。おチャイコさんといえば、弦楽器のユニゾンでメロディを弾かせて、そのバックで管楽器がリズムを担当する、というオーケストレーションがお得意なのだそうですが。それがまた、とてもステキだなぁ、と思いました。

 いいなぁ、函館や札幌や銚子のコンサートに行く方は、この曲を聖響さんの指揮で聴けるのか。とても羨ましいです。もし私が彼の指揮でこの曲を聴いたら、確実に涙腺直撃されることでございましょう(笑)
スポンサーサイト


【当記事にいただいたコメント】
当記事には以下のようなコメントをいただきました。
---------------------------------------
コメントありがとうございます。
2005-09-25 10:39:57 結月秋絵
>温泉大好き様。

ようこそお越し下さいました。コメントをありがとうございます♪
この日の演奏は、天国におられるおチャイコさんも喜んでおられたのではないか、と思います。素晴らしかったですね。

クラシックはその歴史の長さや作曲家の数に比例するかのように、曲数も多いので、全てを網羅したり、ましてや市場に出回っているCDを全て購入する、なんてことは絶対にムリ!だと思いますので(苦笑)。NHK-FMは重宝しております。
私も、毎日HPをチェックして、気になる曲が流れる時は、リアルタイムで聴いたり、MDに録音して聴いています。

仰るとおり、これから先もいろいろな曲を聴いて、感動していきたいなぁ、と思います。
---------------------------------------
私も聞きました
2005-09-24 23:13:51 温泉大好き

私も途中から聞きました。
オチャイコ様の重装感あふれる中にもリズムが生きている演奏に,「ラジオながらもあっぱれ」と思いながら聴いていました。
NHK‐FMラジオは多彩な演奏会を取り上げており,私も新聞のタイトルを見ては,よく聞いています。
またこのコメントを書きながら,初めてこのラジオを聴いたのは小学校4年生だったことを思い出しました。カセットにいろいろな曲を入れては,何度も繰り返し聞いていた頃が懐かしいです。
これからもいろいろと聴いていきたいですね。
この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。