2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 7月23日金曜日の深夜にBS2の「クラシック・ロイヤルシート」でフランス・ブリュッヘン指揮、18世紀オーケストラによるベートーヴェンの交響曲演奏会が放送されました。
 18世紀当時に使われていた古楽器によるベートーヴェン、ということで非常に興味深く思っておりましたこの演奏会。
 やはり、全然響きが違いますね。

 古楽器といえば、弦楽器に張られている弦はガット弦といって、今頻繁に使われているスチール弦と違い、羊(でしたっけ?)の腸の線維を使った弦なので、テンションが低いのですね。
 フルートやクラリネットといった木管楽器も、書いて字のごとく「木管」楽器。木の管に穴が開いているだけで、金具がほとんどついていません。
 で、ホルンやトランペットも、文字通り「金管」楽器。ただ金属の管をうねうねと曲げただけで、バルブがついていない、という。
 ティンパニは、金聖響さんのCDではバロック・ティンパニを使用されているので、これはまぁ、聴き慣れた音ということで。日頃よく耳にするペダル式のティンパニと比べると、音が固くて、インパクトの音がはっきりと聞こえて。ペダル式の音が「ボン」だとすると、バロック・ティンパニの音は「バン」という感じに聞こえます。
 ……私的な意見なのですけれど(苦笑)

 で、この演奏会のビデオ。
 冒頭でイントロダクション的に18世紀オーケストラが紹介されていて、そのバックで流れていた《英雄》の第1楽章を聴いて、まず「うわ、音低っ!」と思いました。
 演奏前に行われるチューニングも、たいていは、基準となる音、A=440Hzなのですが、それより若干低くて、438くらいなのではないでしょうか。
 いつもCDで聴いている聖響さんのCDで耳が慣れている私は、半音くらい低く感じました。
 でも、第3番の冒頭はちゃんと「ミ♭ーソミ♭ーシ♭ミ♭ソシ♭ミ♭ーレド♯ー」と聴こえるんですよね。

 この日放送されたのは、演奏された順に、交響曲第1番、第3番、第8番、第5番の4曲でした。
 どれも素晴らしい演奏でした。

 特に印象に残ったところを挙げますと……。

 第3番の1楽章のラスト、655小節目でしたか。クライマックスの部分で、トランペットが華々しくメロディで登場し、でも当時の楽器ではそれ以上の音が出せないので、途中で突然いなくなってしまう、という場所がありまして。古楽器で演奏されるのを見て、「なるほど、そうなるのかぁ」、と納得してしまいました。
 ちなみにその部分、私が持っているCDのうち、ジョージ・セルさんは楽譜を修正して、続けてトランペットに旋律を吹かせていて、金聖響さんは楽譜どおりに演奏し、トランペットを初めから目立たせなくすることで自然に聴こえるようにしておられました。

 第3番の2楽章は、若干テンポが速めで少しあっさりした印象でした。その点、聖響さんのCDはかなりドラマティックに演出されているかもしれません、この楽章。

 第8番は、ここ最近急に「メッチャ好き」な交響曲に入ってきた曲でして。聴いていてとても楽しかったです。……と言いますか、もともとすごく明るくて楽しい曲なのですね、これは。作曲したベートーヴェン自ら「ボタンを外した自分」とこの曲を形容していたらしいですし。
 この日の演奏は、遊び心満載で楽しいんだけれど、ちょっとオトナの雰囲気も漂っていて、どこか余裕を持って構えているところも垣間見られるような、そんな印象を受けました。

 第5番は、第4楽章の途中まで「あれ、ピッコロ入ってる?」と思ったのですが(私の耳が悪いだけか;)、ちゃんと入ってました。死ぬほど聴いている聖響さんのCDでは、「もっと出てええよ~」という感じでピッコロがかなりはっきりと聴こえてくるので……。

 しかし、別に聴き比べをするつもりはないのですが、聴いて覚えてしまっている演奏と違う部分があると、ついつい注意して聴いてしまいますね(苦笑)
 こうして聴いてみると、聖響さんの指揮で聴くベートーヴェンは、全体的に明るく弾けているんだなぁ、と思いました。指揮者もオーケストラも、楽しんで、のびのびと演奏しているのがよくわかる、と言いますか。
 じゃぁ、他の人は楽しんでないのか、なんてツッコミがきそうですが、決してそんなことはないです、はい。

(2005.7.24「べっさつ結月堂」投稿記事より 一部加筆・修正)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。