2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 毎年、大阪のザ・シンフォニーホールで開かれている、金聖響さんのシリーズコンサート。
 2012年は「聖響/神々の音楽」ということで、ベートーヴェン、ブラームス、ワーグナー、マーラーが取り上げられます。
 その第1回はベートーヴェン。
 というコトで、ようやく桜が咲き始めたものの、花冷えな土曜日ですが聴きに行きました。

-------------------------------------------------
聖響/神々の音楽 第1回ベートーヴェン

ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」ヘ長調
(休憩)
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」ハ短調
(アンコール)
ブラームス:ハンガリー舞曲第1番

指揮:金聖響
管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団

ザ・シンフォニーホール 14:00~
-------------------------------------------------

 聖響さんの指揮で、「田園」&「運命」のプログラムを聴くのは、旧大阪センチュリー交響楽団(現:日本センチュリー交響楽団)の専任指揮者として最後の定期演奏会の指揮台に立って以来、数年ぶりのことでした。
 あれから数年。
 今回はどんな演奏になるのかな?とワクワクしながらホールへ行きました。
 作品番号では「田園」の方が後ですが、初演されたのはこちらの方が先だ、ということで「田園」→「運命」の順に演奏されました。

 というワケで、前半は「田園」。

 オーケストラは対向配置。舞台下手側の第1ヴァイオリンの後ろにコントラバスが陣取り、舞台上手側の第2ヴァイオリンの後ろにティンパニが陣取ってました。
 で、いつもの席に座って、正面に指揮台を見て、何かが足りない……
 と思いましたら。
 燕尾服姿の聖響さんが出てこられて、指揮台に上がった瞬間に気づきました。

 譜面台がない!!

 さすがにもう何度も何度も振っている曲なので、覚えておられるのでしょう。
 今日は2曲とも暗譜で振っておられました。

 で、「田園」。
 第1楽章冒頭の、第1ヴァイオリンが奏でるメロディで、心臓を鷲掴みにされました。
 スラーやスタッカートがくっきりはっきりわかる、鮮やかな演奏。
 そして穏やかな春の日差しを思わせる、柔らかくてまろやかで、爽やかさも兼ね備えたような音色。

 ああ、これは。
 今日の「田園」は、かなりクルな。


 と思いながら、聴きました。
 テンポはそれほど速くなくて、ちょうどいい心地よいテンポ。
 ノンヴィブラートにこだわることなく、適度にヴィブラートを効かせて奏でられる第1楽章は、聴いていてとても気持ち良かったです。
 表題どおり、ちょっとワクワクするような気持ちも味わわせてくれる展開で。春の恵みを存分に謳歌するような演奏に、第1楽章からウルッときました。

 続く第2楽章も、程よく軽快なテンポ。
 「小川のほとりの光景」とつけられた表題のように、川のせせらぎや木々のざわめき、小鳥の鳴き声。さまざまな音が聞こえてきて、時折爽やかな風が吹き抜けていく様子まで、容易に想像できる展開です。
 今日の演奏は、鼻歌でも歌いながら小川が流れる森の中を散歩しているような、そんな心地で聴いていました。
 この第2楽章、木管楽器さんが大活躍!ということで。
 聖響さんもちょうど吹きやすいだろうな、と思われるタイミングで「どうぞ」と合図を出す様子が見られました。

 第3楽章からは、ラストまでノンストップです。
 スケルツォの3つのメロディは、それぞれに表情を変えてかなりメリハリが効いた演奏。スフォルツァンドもピリッとしっかり効いていて、かなりノリノリな感じになって、ついつい聴きながら体が動きます(笑)
 続く、オーボエやクラリネット、ホルンへと次々にメロディが受け渡されていく部分も、皆さんしっかり歌い上げ……と思ったら、1回目のホルンさんがちょっとミス。
 そして繰り返しの直前、トランペットさんがpへと音量が落ちる音を入り損ねてしまい……
 ついつい「頑張れ!」と心の中で声援を送ってしまいました。
 2回目は、どちらも無事に成功してました(^^)

 田舎の人々が楽しく歌い踊る宴は、突然やってくる嵐によって中断されるわけなのですが。
 このコンサートがある数日前に、強力な爆弾低気圧が日本海側で発生し、それが寒冷前線を伴って日本を縦断。各地に暴風と豪雨をもたらした。なんて経緯があったものですから、つい。
 爆弾低気圧、キターーーーッ!!!
 な気分になるわけでして。
 稲妻がピカッ!!と光り。
 雷鳴がドーンと轟き。
 風に煽られた雨が降り注ぎ。
 まさに、ステージの上で繰り広げられる春の嵐なワケです。
 で、それらを嬉々として(?)演出する聖響さんを見て、思わず。

 雷神降臨!!!Σ( ̄□ ̄;)

 と思ってしまいました(笑)

 そんな嵐が過ぎ去って、雲が次第に切れていってその間から日が差し込んで、晴れ間が見えて穏やかな春が戻ってくるような第5楽章。
 今日の演奏も、とても素晴らしかったです。
 ふわりと暖かい春の風が戻ってくるような音色に、思わず落涙しそうになり。
 第4部のクライマックスの部分では、こうしてまた春を謳歌できることに感謝するような、敬虔な気持ちになりました。 
 第5楽章につけられた表題が「牧人の歌―あらしの後の喜びと感謝の感情」なので、まさにその気持ちを味わわせていただいたように思います。
 最後の最後まで、幸せな心地で聴かせていただき。
 ふわりとホールに溶ける余韻まで味わ……

 ……おうとしたところへ、まだ聖響さんがこれから手を下す(=残り4拍分のフェルマータ付の休符を振っている最中)に、早すぎる拍手……(・・;)
 楽譜をめくらない分、丁寧に音量をコントロールし、メロディの表情をつけ、とても幸せそうに満足そうに振っておられた聖響さんも、「アチャー、拍手来ちゃったか」的な様子で思わず盛大に苦笑され。
 私も思わず、「拍手、早すぎっ!!!」と心の中で突っ込みいれてしまいました(^_^;)

 第3楽章のホルンとトランペット。
 第4楽章で一度音が抜けてしまったティンパニ。
 そしてラストのフライング拍手。

 これらを除いて、聖響さんが思い描く「田園」がほぼ完璧に再現されていたのではないかと思います。

 ……と思ってしまうほどに、充実した演奏だったのですよ。
 今日の「田園」。
 で、「田園」がこれならば、「運命」はさらにヤバイことになるわけでして。

 後半の「運命」
 第1楽章冒頭の、ダダダダーン!ダダダダーーーン!!2連発。
 ここ、楽譜を見ると最初の「ソソソミ♭ー」の「ミ♭ー」は2分音符にフェルマータ付。
 次の「ファファファレー」の「レー」は、2分音符+2分音符で後ろの2分音符にフェルマータ付。
 というワケで、最初の「ソソソミ♭ー」は短めに、次の「ファファファレーーー」は長めに演奏するのが「楽譜通り」というワケになるのですが。

 ええ、もちろん。その通りでしたとも(笑)

 帰宅してから、しっかりスコアを確認する自分もどうかと思いますが(爆)
 はっきり聴いてそれとわかるほど、忠実に再現する彼もステキだと思います(笑)

 そして「田園」の方で少しミスがあったティンパニさん。
 「運命」ではかなり頑張ってました。55小節→56小節の「ダダダダン!」も頑張って出してましたし。しっかり合わせよう、と指揮に食らいついていっている感じでした。

 CDで聴いているときはブチブチと切れているように聞こえるメロディが、自然な感じで滑らかに流れていたり。
 ちょっと大げさな感じでつけられていた抑揚が、これまたとても自然な盛り上がりに聞こえるように調整されていたり。
 客席から雑音を出すこともためらわれるほど、ppでギリギリまで音量を絞って張りつめた緊張感が漂っていたり。
 細かい部分を列挙しようと思えばできるのですが。
 それをしたところで「だからどうなのよ?」と無意味に思えてしまうほどに。
 自然に音楽が呼吸しているような。
 それでいて、きっちり抑制が効いていて、エネルギーが凝縮したような爆発感のある「運命」でした。

 数年前に聴いたような「これが俺のベートーヴェンや!文句あるかっ!!!」的な指揮ではなく。
 ソロを演奏するメンバーが歌いやすいようにきちんと配慮しながら、各パートごとに締めるところはビシッと締めて。全体的にも適度に煽って、くっきりと聞かせ所を浮かび上がらせる。
 自分の意志を明確に伝えながら、関西フィルの皆さんと一緒に熱狂していく。
 そんな指揮だな、という印象を受けました。

 なので、今日の「運命」はジャスト30分とか。
 超ハイテンポとか。
 そういう演奏ではなかったです。
 第2楽章も程よくゆっくりしたテンポでしたし。
 第3楽章、第4楽章もメチャメチャ煽って飛ばしまくる、というわけではありませんでした。
 でも、相当に熱狂して、テンションが高くて。 
 演奏が終わった後は「やりきった!!」感が見られるように思いましたし、聴いている私も相当に熱が入ってました。
 「田園」と同様、今聖響さんが思い描いている「運命」が忠実に、完璧な形で再現された演奏だったように感じました。

 もちろん、聖響さんが満足そうに笑っておられて、こちらもついつい笑顔になってしまいまして。
 何だかとても充実したひと時を過ごしたように思います。
 多分。
 第4楽章の、いよいよラストへ向かっていく直前に聖響さんが出した「グッジョブ!!(*^^)b」サインとか。
 演奏し終えた後に、「ホンマ、ありがとう!」という雰囲気でティンパニさんや弦楽器最前プルトの皆さんや、木管でソロを吹いた皆さんを立たせたり。
 そういうあれやこれまで、細かく見える位置で聴いていたからこそ、余計にそう感じたのかもしれませんが。

 以前にも何度も「何だかとんでもない演奏を聴いたな」と思ったことがありますが。
 今日もまた、とんでもない演奏を聴かせていただきました(^^)

 アンコールでは、第2回目の宣伝も兼ねて…ということだったのか。
 ハンガリー舞曲に思わずニヤリ、としてしまいましたが。
 本当に、楽しませていただきました。
 金聖響さんと、関西フィルの皆様方に、心から感謝申し上げます。
スポンサーサイト


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。