2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 17日と24日、2週連続で「題名のない音楽会」では吹奏楽特集でした。

 17日は吹奏楽コンクールの課題曲がテーマ。毎年いろんな曲が作曲されて、名曲もあれば平凡な(……と言うと、作曲家の方に失礼なんですが;)曲もあって。何カ月もかけて練習するので、一度自分たちが演奏した課題曲は一生忘れないというか、何十年経っても歌えるレベルで染みついているんですよね。
 演奏されたラインナップは以下の通り。
--------------------------------------
1.J.P.スーザ/「エル・キャピタン」より(1956年度)
2.兼田敏/バンドのための楽章「若人の歌」より(1964年度)
3.A.リード/「音楽祭のプレリュード」より(1970年度)
4.岩井直博/ポップス描写曲「メインストリートで」(1976年度)
5.河辺公一/高度な技術への指標より(1974年度)
6.三善晃/吹奏楽のための「深層の祭」(1988年度)

指揮:佐渡裕
吹奏楽:シエナ・ウインド・オーケストラ
--------------------------------------

 自分が演奏した課題曲は入っていないのですが。
「うわっ、懐かしい~~~っ!」と思ったのが「深層の祭」
 ……と書くと、年代バレますが(苦笑)
 課題曲を決める時に、一応その年の課題曲を全部聴きまして。部員の投票で決めていたんですよね、我が校は。その時。一見して……じゃない、一聴して「うわ~、むずっ!!!」と全員が思い。そして「こんなん吹けるの、○○中(当時県内ナンバー1のレベルだった学校)しかなかろう!」と言い合ったのが、この曲でした。
 もちろん、敬遠して違う曲を選んだんですけどね(でも、そっちも結構難しかったという;)
 バリバリ現代音楽なこの曲。
 今聴いてもやはり、難しすぎて吹きたいor叩きたいとは思わないです(苦笑)

 ちなみに、その年の吹奏楽コンクール県大会。ウワサになったその○○中は、みんなの予想通り、この曲を課題曲で演奏して県代表に選ばれたのでありました。

 そして2週目の24日の放送内容は「吹奏楽人気曲ベスト10」
 視聴者から人気投票をしてもらい、ベスト10を決めてその結果、ベスト5が演奏されました。かくいう私も、ちゃっかり人気投票に参加して1票を投じたのですが(笑)
 はて、その曲が入ってますでしょうか?と思いつつ、拝見しました。
 結果は以下の通りです。
--------------------------------------
第5位:風紋(作曲:保科洋)
第4位:吹奏楽のための「風之舞」(作曲:福田洋介)
第3位:アルメニアンダンス パート1(作曲:A.リード)
第2位:アルヴァマー序曲(作曲:ジェームス・バーンズ)
第1位:ディスコ・キッド(作曲:東海林修)

指揮:佐渡裕
吹奏楽:シエナ・ウインド・オーケストラ
--------------------------------------

 私が1票を投じた曲「風紋」は第5位に入っておりました。もうちょっと上位にいくと思ったんですけど……
 私が初めて吹奏楽コンクールに挑戦する年に、課題曲として演奏したのがこの曲でした。今思い返しても、夏休みの間本当に死ぬほど練習しましたね、この曲。朝から晩まで、「風紋」漬けでしたもの。解説でも話しておられましたが、この曲はパート練習がつまらなくて(苦笑) でも、ティンパニだけは個人でガッツリ練習して、他のパートに引きずられないようにしないと、合わせたときにリズムが崩れるという難しさがありました。県大会に行って、ホールで他の学校の演奏を聴いていると、結構そのあたりをごまかして叩いてる学校が多かったんですよね。
「他の学校はこのリズムをごまかしてくるかもしれん。でも、アンタは絶対にそれをするな!」
 とティンパニ担当の親友に言い続け、部活が終わった後も部室に残って特訓したのは、今でもいい思い出です。未だに会ったら言われますもの。
 この曲、結月ちゃん(仮)と猛特訓したよなぁ、って(笑)
 思い入れは特別深くて。いい演奏を聴くと、未だに思いだし泣きする&演奏聴きながら手が動く確率100%な1曲です。

 6位以下の曲の中には、高校野球の応援の定番曲になっている「アフリカン・シンフォニー」も入ってました。あの曲も大好きです(^^) 打楽器パートとしては、ラテンパーカッション満載で、腕の見せどころも多いので楽しいのですよ♪ なんて言いつつ、グロッケンとか鍵盤系担当なので微妙にラテンのノリから外れる哀しさがありますが(苦笑)

 第3位の「アルメニアンダンス パート1」は、「風紋」と同様にベスト10に入っていて当然でしょう!な曲ですね♪ 今日の佐渡さん×シエナさんの演奏。以前に発売されたCDに収録されていた演奏とは結構違っていて。
 ……なんか、聖響さん入ってますか、佐渡さん?
 と思ったのは、ココダケのハナシ(笑)

 元吹奏楽部員だった人も、現役で吹奏楽をやっておられる方も。
 それぞれにいろんな思いを馳せつつ、思い入れのある曲たちを聴いていたのかしら?
 と思う2週連続の吹奏楽特集でありました。

 さて、来週の「題名」は金聖響さんの登場です!
 2月に放送された「なんてったって指揮者」で取り上げられた「運命」です。「運命」徹底解剖です。
 指揮台に上がっているのはもちろん、聖響さん♪
 黒ネクタイのスーツ姿が、予告で見られました(^^)

 うわ~い、楽しみぃ~♪

 来週は朝から、テレビに向かって正対なのです!
スポンサーサイト


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。