2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ここ数年、年明けから間もない頃に毎年N響さんが地元に来て下さいます。
 定期公演のツアーの一環だと思うのですけれど。
 去年はブロムシュテットさんがN響さんを連れて来てくれました。……運悪く、勉強会と重なってしまって。終わった瞬間にホールへダッシュ!したものの、「グレイト」の第2楽章を客席の外で聴き、第3楽章からようやく中に入れてもらえた、という状態だったんですが(涙)

 でも、今年は。
 あの下野竜也さんが来て下さるっ!!!

 というワケで、バイト先にお休みをいただいて行ってきました。

------------------------------
NHK交響楽団定期演奏会
  岡山シンフォニーホール 第12回公演

ベートーヴェン作曲
  序曲「献堂式」 作品124
ショスタコーヴィチ作曲
  ピアノ協奏曲第1番 ハ短調 作品35(*)

(休憩)

フランク作曲
  交響曲 ニ短調

指揮:下野竜也
ピアノ:スティーヴン・オズボーン
トランペット:関山幸弘(*)
管弦楽:NHK交響楽団

岡山シンフォニーホール 19:00~
------------------------------

 N響さんと言えば。好きな演奏家さんも何名かいらっしゃるので、ホールに入る前からつい、思ってしまいます。
 今日のコンマスはどちらかしら?
 ヴィオラのトップにあの方はいらっしゃるかしら?
 といった感じで(苦笑)
 なので、ステージに団員さんが出てこられると、軽く「キャッ♪」となってしまうという(汗)
 今日のコンマスは堀さんでした。

 コンサートの最初に演奏されたのは、ベートーヴェン作曲の序曲「献堂式」
 名前の通り、とても堂々とした華々しい曲でした。
 下野さんも、小柄な方なのですが、振っているお姿はとても大きく見えるんですよね。曲が曲だからでしょうか、オーケストラを完全に掌握した指揮官のような雰囲気のようにお見受けしました。

 「献堂式」の後は、ショスタコーヴィチ作曲のピアノ協奏曲。この曲も、生で聴くのは初めてで、でもとても面白い曲なので結構好きなんですよね。なので、とても楽しみにしていた1曲です。
 冒頭からいきなり、ピアノとトランペット独奏による、勢いのいい掛け合いから始まるこの曲。全4楽章構成になっていますが、切れ目なく演奏されるので……生で聴いていると、どこで楽章の切れ目があるのかわからない、という(汗)
 オケの方も、弦楽器のみというユニークな構成になっているこの曲。
 ちょっと不穏さを感じるメロディがあったかと思えば、しっとりしたような部分もあって。結構テンポも変わっていきますし、最後は急にふき出したような乾いた笑いが響くように終わっていく、という本当に面白い曲です。
 ピアノとトランペットの絡み合いもステキで、面白くて。
 ワクワクしながら聴かせていただきました♪

 というか、何よりもこの曲。
 下野さんの譜面台に置かれたスコアがかなり小さくてですね(苦笑)
 市販されているミニスコアのような大きさなんですよ。
 見づらいだろうなぁ~、と演奏とは別の場所で感心してしまったという(滝汗;)

 後半はフランクの交響曲。
 こちらも、聴くのは全く初めてといいますか、演奏される機会もそれほど多くないのではないかと思います。そういう曲を積極的に取り上げて下さるのがさすが下野さんと言いましょうか、隠れた名曲を「どうですか? この曲ステキでしょう? もっと聴きたいでしょう?」と思わせて下さるように感じます。
 というか、この曲。
 本当に演奏される機会が少ないのが残念に思うほど、素晴らしい曲だったんですよ。
 第1楽章から凄い迫力で。メロディはとても美しくて。
 バーン!とオケが全開で、華々しく終わってくれるので、思わず拍手しそうになりました。
 第2楽章はどこか荘厳さが漂うような曲。第1楽章で聴いたメロディも時々出てきて、じっくりと聴き入ってしまいました。
 第3楽章はニ長調になって明るい雰囲気になっていて。冒頭に出てきたメロディが明るく堂々と、華々しく繰り返されて、金管楽器が高らかに力強く歌い上げてくれるので、聴いていてとても気持ち良かったです。
 本当に、バイトを放り出してでも来て良かった!と思いました。
 素晴らしかったです!!!

 ……という感想を、コンサートから約ひと月たって、BS2で放送された定期公演の様子を見ながら書いたという(汗)
 この前日の感想の最後にも書きましたが、本当に忙しかったんですよ~
 コンサートが終わって帰宅してからも、感想書かなきゃ……と思いつつ、生理学実験のプロトコルを組み始めたら深夜になったという状況でしたから(苦笑)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。