2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 今日は、2008年度 金聖響さんを3週連続で追っかけてしまおう!月間の最終週です。
 今年の聖響さんの見納めになる明日の公演を前に、なんと公開リハーサルをやって下さるということを聞きつけまして、2日連続で出かけることに致しました。
 ……文字通り、3週連続で追っかけすることになった、という(爆)
 しかも、2日連続でお目にかかれる、という♪
シエナ公開リハ
 会場に着いて、この写真を撮ったのが開場時間の1時間半前。
 当然、一番乗り(笑)

 気合い入りすぎです(←おバカ;)

-------------------------------------
金聖響×シエナ・ウインド・オーケストラ 福山公演
公開リハーサル

コープランド作曲:エル・サロン・メヒコ(多分;)
ガーシュウィン作曲:キューバ序曲

指揮:金聖響
吹奏楽:シエナ・ウインド・オーケストラ

福山リーデンローズ 大ホール 16:00~
-------------------------------------

 公開リハは、好きな場所に座っていい、ということでしたので、できるだけ前の方で聖響さんの指示が聞こえて、かつお顔が拝見できる場所で……
 ということで、下手側のブロック3列目の通路寄りをゲッチュー。
 最初はちょっと遠慮してたのですが、せっかくだから……と、結局ステージに近い場所へ座ってしまった、という(苦笑)
 ホールの館長さん(恐らく)のご挨拶があって、これから1時間リハーサルを見学していただきます、ということで聖響さんとシエナさんの簡単なご紹介があって、リハーサルが開始されました。

 聖響さんは、白いTシャツに青系のジーンズに、黒のパーカーというラフなお姿で登場。
 パーカーの袖を肘の辺りまでめくっておられたので、下は半袖かな?と思っておりましたら……当たってました♪
 振ってる最中に、長袖はやはり暑いのか、パーカーを脱いでおられたので。

 1曲目は、私の記憶が正しければコープランド作曲の「エル・サロン・メヒコ」
 とりあえず、1回通してみましょうということで、最初から最後まで通しで演奏されました。
 う~ん、やっぱりシエナさんの音はとても気持ちいいのです♪
 この曲、拍の裏の裏の辺りで音が入ってきたり、不協和音があったり、南米風のリズムが出てきたり、パーカッションがガツーン!と一発入れてくれたり……と、とても面白い、でも演奏するのはきっととても大変な曲です。
 最初に通した時は、ホールの音響が良すぎて響きすぎることもあって、全体として音がボヤンと入り混じったような感じで、かつ聖響さんにしては一本調子な感じでした。
 が、要所要所で聖響さんから指示が飛びまして。
 細かい部分を合わせたり、音量を調節したり、ニュアンスを変えたりしていくことで、次第に音が変化していきます。
 聖響さんの指示も明確で、団員さんもそれに応えて音にしていくので、すぐに違いがはっきりと出るんですよ、合わせてみると。
 その様子が、聴いていてとても楽しかったです。
 最後は、曲がハッキリくっきりしてきて、聴こえてくるべき音が聴こえてきて、かつメリハリのある感じになってましたもの♪

 振っている聖響さんも、今日は椅子が用意されていましたので、椅子に腰かけて振ったり(その時も足がリズムを刻んでいたり、前に投げ出してみたり、両足を揃えてみたり……と動き続けておられましたが;)、立って振ったり。途中で指揮台から左足だけ出してブラブラさせてる時もありましたっけ(笑)
 振りながら腰に手を当てたり、後ろのバーにもたれかかってみたり……と、リハだからこそ見られる貴重な光景を拝見致しました♪

 2曲目は、ガーシュウィン作曲の「キューバ序曲」
 ガーシュウィン大好きなワタクシとしては、たまらんスマッシュな1曲です♪
 金管楽器のメンバーがちょこっと入れ替わって、ステージに乗らない方が客席に降りてから、やはり最初から最後まで通して演奏されました。
 こちらの曲も、リズミカルで、メロディは美しくて。折り重なった音の上から、更にトランペットがパーン!と響いてきて、気持ちのいい1曲でした♪
 何よりも、2006年のA.リード特集だった定期演奏会のアンコールでお世話になった、あの金髪の鍵盤系のお兄さんが、八面六臂の大活躍です。シャカシャカとマラカスを振っていたかと思えば、次の小節ではシロフォンを叩き、またグロッケンにも移動して……という具合。
 そして先週の「聖響/音楽至上主義 第4回」でも登場したんだけど、座ってかしこまった表情で演奏するのって何だか違和感があるわ;と思ったギロも、2曲とも大活躍でした。
 うーん、やっぱりこちらの方がしっくりくるのです(笑)

 この「キューバ序曲」
 終わった瞬間の残響もとても綺麗で、聖響さんも思わずビックリ(笑)
 私の後方にいらっしゃった、下り番のシエナ・メンバーさんも思わず拍手。私も便乗して拍手しちゃいました。
 だって、とても綺麗だったんですもの♪

 こちらの方も、冒頭部分とか。
 アクセントを付ける部分とか、細かい部分を修正して、曲がだんだんと変化していってました。
 うーん、もっと聴いていたい!
 と思ったのですが、公開リハ開始から約1時間が経過。
 リハーサルもちょうど15分休憩に入る、ということで、リハ見学会はここでお開き、ということになりました。
 客席に向かって手を振って、速攻コンマスさんとの打ち合わせに入る、聖響さん(笑)
 かなり名残り惜しい感じではありましたが、後は明日のお楽しみ、ということで席を立ちました。

 公開リハーサルという、滅多にない機会に巡り合えたことに、心から感謝なのです♪
 そして、3週連続で追っかけができる範囲に聖響さんが来て下さったことに、心から感謝なのです♪
 8分の6拍子を2つ振りで行く勇気があるのかどうか、明日の演奏が楽しみです(←って、めっちゃピンポイントや;)

▼続きを読む▼


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。