2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


柏木広樹 『CASA FELIZ』
       2003年リリース
<曲目>
  1.CASA FELIZ 
  2.JE JOUE(featuring Clementine) 
  3.Flores Cencia
  4.タンポポ 
  5.Carinhoso 
  6.Dab-Dab
  7.Amazon Rever(featuring BOSSA DO MAGO)
  8.Choro Prelide(Suite NO.1 BWV1007) 
  9.Cluster Trip 
  10.おだやかな午後

<参加ミュージシャン>
 榊原大(Piano)
 越田太郎丸(Guitar)
 岩瀬立飛(Drums)
 コモブチキイチロウ(Bass)
 岡部洋一(Percussion) 他
-----------------------------------------------------------

 とても爽やかな、ボサノバ系のアルバムです。初夏~夏には最適な1枚。

 まず、1曲目の「CASA FELIZ」からしてもう爽やかなんですよ。初夏に、水辺でドライブをする時には最適なBGMってな感じの曲です。

 そして続く「JE JOUE」。クレモンティーヌさんのふわっとした、それでいてしっとりとしたフランス語のボーカルも心地よくて。歌詞カードを見ても読めないし、もちろん歌詞の内容もさっぱりわからないのですが、心地よさとメロディのわかりやすさも相まって、ついつい口ずさんでしまうのです。

 3曲目の「Flores Cencia」は一転して激しい曲調です。何となく、小林靖宏さんを彷彿とさせるような、今までの柏木さんにはあまりなかった感じの曲だなぁ、と思いました。もちろん、好きなんですけどね。

 「タンポポ」は、まさに綿毛のような、つかみ所のない不思議な感覚の曲です。リズムもメロディも、ちょっと違和感を感じさせるような運び方なのですが、聴いているうちに心に馴染んでくるような気がしました。

 穏やかでしっとりとした「Carinhoso(カリニョーゾ)」に続いて、再びボサノバ系の「Dab-Dab」へ。タイトルの「ダブダブ」からして、どこか楽しそうな感じがするのですが、フルートをフィーチャーしたリズムカルで楽しい曲です。

 続く「Amazon River」は、11分余りに及ぶ壮大な曲です。源流近くの、まだ細い川のせせらぎを思わせる静かな出だしから、次第にリズミカルで哀愁のあるメロディへ。そしてバッハの無伴奏チェロ組曲を思わせる柏木さんのソロ妙技を堪能し、再びメロディへ戻ってくる、という長大な、聴き応えのある1曲です。

 次の「Choro Prelude」は、「Suite NO.1 BWV1007」とあるように、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番の前奏曲をアレンジしたものです。あのプレリュードが、こんなに爽やかでリズミカルになるとは!と、ある意味で目からウロコな曲でした。

 続く「Cluster Trip」はワクワクさせるような縦乗り系の、サンバ調の激しい曲で。

 そしてラストは「おだやかな午後」とタイトル通りに優しい、静かな、メロディアスな曲で締めくくる、という1枚です。

 前作「I’m Here」からレコード会社を移籍し、また雰囲気を変えての2枚目でした。
 ボサノバ系ということで、暑い時期には涼しくなれて、湿度の低い気候の時にはより一層爽やかな気分になれるアルバムだなぁ、と思います。
 ちなみに、1曲目の「CASA FELIZ」。以前、某5人組アイドルがやっているバラエティ番組の、料理を作るコーナーでBGMとして使用されていました。それも、アルバム発売の直後に(笑)。まぁ、確かに爽やかでいい曲だからなぁ、と納得してしまったりもして。

(結月堂Musicコンテンツ掲載記事より 一部加筆・修正)
スポンサーサイト


この記事へコメントする















結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。