2009 / 04
≪ 2009 / 03   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2009 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 金聖響さんが神奈川フィルの常任指揮者に就任する、というニュースを聞いたのが昨年11月のこと。
 大好きな指揮者さんが、一度聴いてみたいオケNO.1のオーケストラの常任指揮者になる、という私にとってこれ以上ない嬉しい知らせに心躍らせてから数か月。「血迷って神奈川まで行ってしまいそうで、ヤバイ」とその時にこのブログにも書いたのですが……
 ホントに行ってしまいました(爆)

-----------------------------------
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第253回定期演奏会
 ~金聖響常任指揮者就任披露公演~

ハイドン:交響曲第101番 ニ長調 Hob.Ⅰ-101「時計」

(休憩)

ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

(アンコール)
ベートーヴェン:序曲「プロメテウスの創造物」

指揮:金聖響
ソロ・コンサートマスター:石田泰尚
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

横浜みなとみらいホール 大ホール 14:00~
-----------------------------------

 みなとみらいに来るのは、これで3回目。前回来たのは聖響さん×シエナさんのA.リード特集な定期演奏会だったのですが。あの時、1日目は雪が降っていて、休憩時間にロビーに出たら外が吹雪いていて(笑) 2日目は神降臨な素晴らしい演奏で。アンコールでも「ありえへんっ!!!」な出来事が待っていて。もの凄いコトになったんですよね。
 今回はどうだろう?
 と思っておりましたら……
 やはり、と言いますか、何と言いますか……

 雨が強くてお天気大荒れ(笑)

 究極の雨男さんですからね、聖響さん。
 「常任指揮者就任披露公演」なんて銘打たれた公演で、何事も起きないわけがない。
 と覚悟はしておりましたけれど。ホントに降るとは。それも、ハンパないレベルで(笑)
 と思っておりましたら、開演前のプレトークで開口一番聖響さんの口から
「すみません、雨降らしちゃって」
 ……やはり、自覚がおありだったのですね。
 と笑ってしまいました。

 プレトークに登場した聖響さんは、生で拝見するのは約1年と10か月ぶり(?)な燕尾服。
 今日のような自分にとって節目となるコンサートでは必ず雨が降る、と雨男ぶりを告白なさった後、ステージの楽器配置についてお話しされました。
 今日はハイドン&ベートーヴェンという古典派2連発なプログラム。常任指揮者となるオケが相手ですから、必ず対向配置で来るだろう、と読んでおりました。そして実際、ステージ上では第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリン、ティンパニとコントラバス、トランペットとホルンも対向配置でした。そういう配置にすることで、ステレオ効果といいますか、あちこちからメロディが聞こえてくる効果がある、と。

 また、今日の後半で演奏する「英雄」では、変ホ長調というちょっと篭った調性のために第2ヴァイオリンの音が聞こえにくく、第1ヴァイオリンより2名増やして演奏することとか。
 雨で湿度が高いので、バロック・ティンパニにとってはサイアクのコンディションであることなどもお話しされてました。

 と、本題に入る前の前置きがかなり長くなりましたが、本題であるコンサートの感想に参りましょう。

 前半はハイドンです。第2楽章がとても有名な曲です。
 そのハイドン……
 第1楽章の冒頭からスッキリと透き通るピュア・トーン! ヴィブラートをかけない弦の音色が、外の湿気を吹き飛ばすくらいスッキリとしていて、でもそれでいてマイルドでまろやかなのは神奈川フィルさんの持ち味なのかなぁ、と感じました。
 続くプレストの部分ではヴィブラートも効かせていて、軽やかでしなやかな感じ。序奏でノン・ヴィブラートの音を聴いているためか、ヴィブラートがより効果的に聞こえてくるような気がしました。
 生で初めて聴く神奈川フィルは、石田さん率いる弦の響きの美しさはもちろんのこと、木管も綺麗な響きがするステキなオケだなぁ、と感じました。

 第2楽章は「時計」の名の如く、弦楽器のピチカートが時計の振り子のように聞こえる曲。指揮棒を使わずに振る聖響さんが指示するのは、速すぎず、遅すぎず。秒針よりはちょっと速めかな?と思うテンポでした。
 音の強弱とか、長調と短調とか。
 聖響さんは陰陽のバランスとその見せ方やメリハリの付け方が絶妙だな~、と常々思っているのですけれど。この楽章でも改めてそれを感じました。

 第3楽章はテンポ感がとても心地いいメヌエット。聴きながら思わず体が揺れてしまいます。
 第4楽章はビート感がたまらない快速テンポ。……て、5日のベトベン・チクルスもそうでしたが、クラシックに「ビート感」ってどうよ!?と思いますが、ホントのことだから仕方ないですね(笑)
 全体として、とてもスッキリしているんだけれど、鋭い……というよりも、しなやかでまろやか。そして聴いていてとても心地いいハイドンでありました♪

 聖響さんが一番本領発揮するのはベートーヴェンだと思うのですけれど。
 ハイドンも素晴らしいんですよね、彼は♪
 久しぶりに聴くことができて、幸せでありました。

 休憩を挟んで、後半はベートーヴェンです。
 「英雄」です。
 この「英雄」が、これまた素晴らしかった!

 鋭い和音2発で始まる第1楽章。
 テンポは聖響さんにしてはちょっと遅め?と思いましたが、多分いつも通り(←という言い方もどうなんだか;)
 いつぞやの座談会で「音が詰まってくるから、きっちりハメるためにテンポを少し落とす」なんてお話しされていた65小節目からの部分も、テンポを落とすどころか煽ってるやんか、という(笑)
 そしてハイドンでもそうでしたが、そこはちゃんと繰り返すよね?という部分は、ちゃんと戻って仕切り直しておられました。
 この曲って、楽譜を見ていてもスフォルツァンドが凄く多くて、ピンポイントで強い音が随所に出てくるんですけど。その度に、コンマスの石田氏の体が揺れるのが、何だか微笑ましかったです。
 3拍子で変ホ長調という、ちょっと柔らかくて華やかで軽やかな感じもするんですけど、とても攻撃的な曲に聞こえるのは。所々出てくる短調の響きとか、ピンポイント・スマッシュ的なスフォルツァンドとか。そういうのが効果的に使われてるからなんだろうなぁ、なんて。ちょっと知ったかぶりして分析してみたりするのですが(苦笑)
 ドキドキ、ワクワクなんだけど、ちょっとハラハラ。
 「英雄」の一挙手一投足から目が離せない、そんな感じの第1楽章でありました。

 続く第2楽章。CDでは号泣スポットのある曲です。
 ハイドンでもそうでしたが、この曲でも聖響さんは指揮棒を使わずに振っておられました。
 「葬送行進曲」という重々しい雰囲気。緊張感漂う第1ヴァイオリンのメロディと、コントラバスの掛け合い。
 思わず息を詰めて聴いてしまう冒頭部分から一転して、ハ長調になって音が高まった時のあの開放感は、何度聴いてもたまらないものであります。いつもの号泣スポットよりも早く、涙腺のスイッチが入ってしまいました(苦笑)
 楽譜では「マジョーレ」と記されている中間部は、私の号泣スポットであり、聖響さんがOEKさんと録音したCDでもお声が入っている部分です。この日も曲と共に聖響さんのお声が聞こえてきました。少しゆっくりめのテンポで、ドラマティックに展開されるこの部分。過去2回、聖響さんの指揮で聴いた時は、ちょっと不完全燃焼だったり、あっさりしてるなぁ~、という感じだったりしたのですが。今日の演奏は、ツボを的確に射抜くド直球の演奏でした。
 ヤラれたなぁ~(苦笑)
 でもこれが聴きたかった!
 気持ちよく酔わせていただいて、泣かせていただきました。

 続く第3楽章はスケルツォ。一転して、明るくて軽やかな曲に変わります。
 この楽章でいつも注目してしまうのが、ホルン部隊。聖響さんはこの楽章で、必ずホルンにゲシュトップ奏法を要求するんですよね。神奈川フィル初聴きの身としましては、「ホルンさん、よろしくです」な気分で聴いておりました。
 そして、やはり。
 例のアノ音はゲシュトップ。
 ミュートをかけることで、ちょっとおどけたような感じといいますか、軽やかさが増すと言いますか。あの演出、とても好きなのです♪

 第4楽章は、いつもなら第3楽章からほとんど間を置かずに突入するのですが、今日はちょっと一息置いて、それからダーン!と突入しました。 
 華々しく始まったかと思うと、いきなり音量が落ちて、ピチカートで軽やかでかわいらしいメロディが展開される辺り、いつも「あら、おちゃめさん♪」という感じでクスッとなってしまいます。
 バレエ音楽「プロメテウスの創造物」の終曲で出てくるメロディが、手を変え品を変えて、あの手この手で聴かせてくれるこの楽章。いつもならかっ飛ばす第5変奏も、今日はちょっと落ち着いた感じ(笑)
 でも最後は圧倒的な迫力で押し切ってくれるので、興奮状態で気持ちよく「ブラボー!」なんですよね。
 満喫いたしました♪

 と、いつもならここで終わりなのですが。
 今日は就任披露公演ということもあるのでしょうか。珍しくアンコールがありました。
 華やかな冒頭部分、穏やかな序章に続いて突入する快速テンポ……
 容赦ねぇっ!!!
 石田氏がいるし、これくらいのテンポは余裕で弾けるやろ?
 的なかっ飛ばしっぷり(笑)
 CDで聴いたOEKさんとほぼ変わらない……てか、同じテンポ!?と思ったですよ。
 そして聖響さん、「英雄」をやった時に「プロメテウス」繋がりにするのがお好きなのでしょうか(笑)
 この曲では、聖響さんが指揮棒ではなく顎で振るシーンもありまして(笑) いつぞやのテレビ番組で仰っていた、「顎が指揮棒」なマエストロの真似ですか!?とツッコミ入れそうになりました。とても微笑ましかったです♪
 そんなこんなで、アンコールまでたっぷり、楽しませていただきました。

 コンサート終演後には乾杯式と言いますか、聖響さんやオケの専務さん(確か…;)からお話があったり。サイン会があったり……と、終演後まで盛り沢山でございました。
 念願の神奈川フィルを聖響さんの指揮で聴けて。
 コンマス席には石田さんもいらっしゃって。
 プレトークから乾杯式までフルコースで堪能できて。
 横浜まで遠征して良かったです♪
 心から、感謝申し上げます。

▼続きを読む▼


スポンサーサイト

 シンフォニーホールの聖響さんのシリーズ、2009年はついに!
 待ちに待ったベートーヴェン・チクルス!!!
 というコトで、第1回を聴きに行きました。

---------------------------------
聖響×OEK ベートーヴェン・チクルス 第1回

オール・ベートーヴェン・プログラム

 「エグモント」序曲 op.84
 交響曲第1番 ハ長調 op.21
(休憩)
 交響曲第5番 ハ短調 op.67

指揮:金聖響
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢

ザ・シンフォニーホール 15:00~
---------------------------------

 ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」の初回盤CDに付いていたDVDを見て、まさに「運命の出会いだわ!」と一目惚れしたのが2005年の5月1日のこと。あれから約4年経って、ようやくその聖響さん×OEKさんによる組み合わせでベートーヴェンの交響曲第5番を聴く機会に恵まれました(感涙)
 加えて、コンサート前には第1番を録音したらしくてですね。その第1番も、「強烈な1番を練習から炸裂してくださいました」なんてことを、聖響さんの公式ブログに書かれたらですね。期待せずにはいられないでしょう(^^)

 チクルスの幕開けとなる1曲目は、「エグモント」序曲。
 冒頭からかなりテンション高いっ!
 もともと大好きな曲ではありますが、ノン・ヴィブラートのスッキリとした透き通った音で奏でられる弦の美しさといい、管楽器との音の溶け込み具合といい、ティンパニの迫力といい。
 素晴らしかったです(^^)
 長調へと転調して、テンポが速くなってラストへ向かっていく部分の煽り方は、いつもながら容赦なかったですが(笑)
 テンポはかなり速いものの、勢いに任せて突っ走る、という感じではなくて。適度に抑制の効いた疾走感だなぁと感じました。
 やはり、ベートーヴェンの曲だからなのか。
 振っている聖響さんも、満面の笑顔。
 最初からお声も聞こえてきて、演奏も素晴らしくて。
 いやぁ、今日はなんだか凄いことになりそうだなぁ、という幕開けでございました(^^)

 続きましては、金沢で練習&録音を行ってきた、という交響曲第1番です。
 まず、第1楽章。
 予想はしてましたけど。ゆっくりしながらもなんだかワクワクするような序奏に続いて始まった第1主題は……テンポ速っ! 第1&第2ヴァイオリンが8人ずつ、というOEKさんだからこそ破綻することなく縦の線がきっちり揃う、というギリギリのラインなのかなぁ、と思う速さ。
 明るくて伸びやかで、とても力強い。
 ああ、春に相応しい音だなぁ~
 とワクワクしながらもうっとりと聴き入ってしまいました。

 続く第2楽章は、ゆっくりめの3拍子のリズムがとても心地よい曲になってました。表情豊かで、ほんわりした感じもあって。全体としては、桜満開の季節に相応しい、桜色の音色と言いましょうか♪
 聴いていてとても幸せになる音でした。
 この楽章を聴いていて思ったのですが。はるか昔、私が幼稚園に入る前にピアノを習い始めた頃。楽譜に書かれた音符が、色分けされていたのですね。ド=赤、レ=黄色、ミ=緑……といった具合に。
 この第1番はハ長調で、「ド」から始まる曲なので全体的なイメージカラーは「赤」だな、と。
 それも長調なので、赤黒い感じではなくて鮮やかで華やかな赤。第1楽章は、本当に鮮やかな赤!という感じだったんですが。第2楽章は柔らかい感じがしまして。なので「桜色の音色」だな、と感じたのかもしれません。

 そして第3楽章は……よく、第九の第2楽章が「ティンパニ協奏曲」と言われるほどにティンパニ大活躍!な曲だと言われますが。この楽章も「ティンパニ協奏曲」って言っちゃっていいんじゃない?と思うほど、ティンパニさんが大活躍でした。
 今日のティンパニは渡邉さんでしたので、その妙技を彼の右斜め上からガッツリ拝見いたしました。何だかとっても忙しそう……なんですけど、短く切るべき音はきっちりミュートをかけつつ叩いているお姿を見て、さすがですわっ!と思ったのでありました。ホレテマウヤロ~!ではなく、惚れ直しましてございます(^^)

 最後の第4楽章も、聖響さんが仰ったとおり本当に強烈でした。テンポがめちゃめちゃ速かった、というのもありますが。でも短い音の刻みも細やかにちゃんと揃っていて、かつつぶれずにきっちり全ての音が聴こえてくるのは、OEKさんの人数だからこそできる技なんだろうなぁ、と思いました。もう少し速ければ破綻してしまいかねない、ギリギリのラインを狙ったテンポがアレだったのかな?と思ったのですけれど。
 クラシックを聴いた感想がこういう表現ってどうよ?と自分にツッコミ入れそうなんですけど。あのビート感は凄かったです。
 「ベートーヴェンはロックや」
 という聖響さんのお言葉を、今まであちこちで聞いてきましたけど。今日ほどそれを実感したことはなかったんではないか、と思います。ビート感もさることながら、あのノリの良さとか、テンションの高さとか、爆裂感とか。
 ロックだわっ!
 と聴きながら思ったのでした。

 前半からとんでもなくテンション高くて、いい意味で「ありえへん」ベートーヴェンだなぁ、と感激したのでありますが。
 後半は第5番。2月に放送された「題名~」で聖響さんも語っておられた「運命」です。
 「お願い、入って!」とは思っておられなかったと思いますが(笑)
 ソソソミ♭ー ファファファレー♪
 のミ♭のフェルマータはほとんどなし。
 でもテンポがめちゃめちゃ速い、という風にはあまり感じなかった程よい速さ。

 この第5番。前半はオケの最高列にいたコントラバスが、舞台下手側にいるヴァイオリン&ホルンの後ろに移動していたんですが。その理由が、この楽章を聴いていてわかったような気がしました。
 というのはですね、この第5番は「ダダダダン」とあちこちに出てきて、その「ダダダダン」というパーツを一つ一つ精巧に組み上げていく感じで曲が構成されているワケなのですが。第1楽章ではティンパニとコントラバスが掛け合いのようになっているような気がしたのですね、この配置で聴くと。
 ……もっとも私が座っている位置は、友人のネーミングをパクって言えば「対向配置裏返し聴き」になっているわけなのですが(汗)
 第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンだけでなく、コントラバスとティンパニも対向配置にすることで、低音部で展開される「ダダダダン」もステレオ効果のように、左右から交互に聞こえてくる、という。
 だから、コントラバスの配置が変わったのかな?と思った瞬間でありました。

 続く第2楽章。
 余計なものを全てそぎ落としたような、スッキリと美しいメロディにうっとり聴き入り。
 和音の変わり目で適度にクレッシェンドしながら刻まれる音に、大きなうねりに呑まれるような心地になり。
 楽章の終わりに出てくるメロディは、とても丁寧に歌い上げられていて……
 最近、この楽章が大好きな私なのですが、今日の演奏はとても素晴らしくて。いい曲を聴いたな~♪と浸らせていただきました(^^)

 第3楽章も低音部大活躍でチェロの弓も切れまくり(いや、彼の弓は1曲目から切れていたんですが;)
 この楽章では、ppからffまでの音量の差が、いつも以上に大きい気がしました。
 というのはですね、ppはとことんppで「音が消えそうで消えない」、つまり「客席も息を潜めて聴く」ほどの緊張感がありまして。私は思わず息を詰めて聴いてしまいました。なので、ffで音が大きくなった時の解放感も増幅される感じがしました。

 そんなギリギリの緊張感を味わった後でやってきた、あの第4楽章。
 ああ、まだこんな5番が聴けるんだな、と。
 偉そうに言えるほど、この曲を聴いているわけではないのですが。それでも、聖響さんの5番を生で聴くのはこれで3回目になる私としては、そんな風に思ってしまいました。2004年にリリースされたCDでも目からウロコが落ちる5番だと思い、2006年に聴いた時はいろんな意味で「ありえへん!」な爆裂演奏に圧倒され。去年聴いた時にはまた違った発見があったわけでして。
 それでも、その更に上を行くような感激を、この曲を聴いて受けることができるんだな、と。感極まってしまってステージが涙でかすみました。
 本当に素晴らしかった!
 聖響さんご本人も若干の「事故」はあったものの(汗)と書かれているように、「あれ?」と思う部分はありましたが(滝汗)
 ティンパニの渡邉さんに「ちゃんと俺を見ろ!」な指示が飛び、繰り返した時に「ちゃんと見てくれてありがと♪」なニッコリがありましたが(←チェック細かすぎ;)
 ぶっちゃけ、前半の第1番で頑張りすぎて、皆さんかなりお疲れモードですか?とも思いましたが。でも
 そんなの関係ねぇっ!
 な凄さがありました、今日の第4楽章。
 爆演、と言えば爆演。聖響さんの黒いネクタイが歪んでしまうほどの指揮っぷり。だけど勢い任せで「イッてしまえっ!」なだけではなくて。いや、一時はホントにイッちゃいそうな「う~ん、絶頂(エクスタシー)♪」感がありましたが。
 単なる勢い任せではなくて、その奥にものすごく冷静に計算され尽くしている感じがあったのです、今日の第4楽章。この楽章でも随所に出てくる「ダダダダン」に微妙にクレッシェンドがかかっていて、だんだん音が強くなる演出がされていたのも、その絶頂感につながっていたのかも……てなことを考える余裕が、私にもありましたから。
 最後の最後まで、エネルギーがギュッと凝縮されたような濃厚なベートーヴェンでありました。

 今日のコンサート、行きの道中でもあちこちで桜が満開だったのです。ホール前の公園に植えられている桜も満開。天気も良くて、暖かくて、絶好のお花見日和だったのです。
 そんな春の性質は、五行説で言えば「木」
 「木」は「曲直を曰う」と古い書物にも書かれているとおり、その特徴は「生長、昇発、条達、伸びやか」
 「曲直」という言葉自体「樹の枝が曲直しながら上と外に向かって成長していく姿」という意味なので、春という季節にヒトが解放感に浸るのも道理と言いますか、発散させたくなる季節なんですよね、いろいろと。
 今日のOEKさんの音は、まさにその「曲直」を音として具現化してくれたように感じました。弦楽器がノン・ヴィブラートでスッキリと真っ直ぐな音だったので、余計にそう感じたのかもしれませんが……
 音から受けた色彩も、春に相応しい彩りで。
 音のイメージも春にピッタリな感じで(って、五行説では赤=夏の色で、春の色は青なんですが;)
 コンサートを聴きながら味わった感覚も、解放感たっぷりで。
 いろいろな意味で、春を満喫したような気分でありました(^^)

 また、今日のコンサート。交響曲第1番&第5番という組み合わせも、聴くまでは「へぇ~、面白い組み合わせにしたな~」と思ったのですが。「エグモント」から通して聴いてみると……
 「エグモント」は聖響さんが「交響曲第5番の第5楽章」と勘違いしてしまった(by「ベートーヴェンの交響曲」)ほど、第5番を凝縮したような曲。
 第1番はハ長調で、第5番はハ短調で始まってハ長調で終わる、という構成。
 ……何だか、振り出しに戻ると言いますか。
 「この1年で、運命に向かって立ち向かえ、諸君!」と扇動されているような心地と言いますか(←この1年は今後ン十年に及ぶであろう我が治療家人生を決める大事な1年になるから、という意味でそう思ってしまったのかもしれませんが;)
 ああ、統一感があるんだな。プログラミングまで、そうとうこだわっておられるのかな。やっぱり著書を出すだけあって、ベートーヴェン大好きなんだな、聖響さん。
 と帰宅する道中で思ったのでした。

 一言ではとても言い表せないほどの、凄すぎる演奏を聴いてしまったためなのか。
 とりとめもない上に長文な感想になってしまったのですが。
 第1回からとんでもない演奏を聴かせて下さった金聖響さんと、そんな聖響さんにガッツリ食いついていたOEKさんに。心から感謝申し上げます。
 やはり、聖響さん×OEKさんで聴くベートーヴェンは、「ありえへん」レベルで素晴らしいです!

▼続きを読む▼


結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。