2007 / 12
≪ 2007 / 11   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2008 / 01 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20071209-daiku


 12月になると、日本各地でこの曲が演奏されるのが風物詩となっている。
 なんて、某指揮者さんが先日発売された著書で語っておられましたが(笑)
 例に漏れず、今日は市民合唱団も加わっての“第九”演奏会を聴いてきました。

------------------------------------
第45回岡山市芸術祭
ベートーヴェン“第九”演奏会

ベートーヴェン作曲
 交響曲第9番 二短調 作品125(合唱付)

第1楽章 Allegro ma non troppo. un poco maestoso
第2楽章 Molto vivace
第3楽章 Adagio molto e cantabile
第4楽章 Presto

指揮:宮本文昭
合唱指揮:岩城拓也
ソプラノ:横山恵子
アルト:脇本恵子
テノール:田中誠
バリトン:萩原潤
管弦楽:岡山フィルハーモニック管弦楽団
合唱:岡山シンフォニーホール第九合唱団

岡山シンフォニーホール 16:00~
------------------------------------

 今日は“第九”演奏会、ということで、プログラムは“第九”一本勝負です。
 この日のために一般公募された合唱団による合唱、ということもありまして、身内の方がチケットを買われたのでしょう。前売りは完売、という状態でした。

 今日の指揮者は、3月にオーボエ奏者を引退して指揮などで活動しておられる宮本文昭さん。ちょうど1月に引退コンサートの一環で倉敷に来られた時に、今日のコンサートのことを依頼されて引き受けたのだとか。
 年明けの1月にはオーボエ奏者としての宮本さんを拝見し、年末の12月には指揮者としての宮本さんを拝見する、という貴重な体験をさせていただきました(^^)

 今日のオケは岡フィルです。
 岡フィルで、第九というプログラムで、指揮が宮本さん。
 位置づけとしては定演クラスよね?
 ということは、当然……♪
 と期待していきましたとおり、ゲスト・コンマスは長原幸太さん♪
 ティンパニも、渡邉昭夫さんでした♪ 渡邉さんのティンパニは、先週の聖響×OEK ブラームス・チクルスin大阪では聞けませんでしたので(涙) 楽しみにしていたのです(^^)
 そのお二人がステージにいらっしゃる、ということで、曲が始まる前からテンション↑↑↑でした♪

 この“第九”
 先日、冒頭でも書きました某指揮者さまの著書で、第九について書かれているのを読んでいたこともありまして、ついつい思いだしつつ聴いてしまいました。
 ラとミの2つの音が出てくるだけで、長調なのか短調なのかわからない、不安に満ちた幕開けの第1楽章。
 何とも言えない緊張感が漂う……はずなのですが、ホルン(-_-;)
 入りが微妙に乱れておりました(涙)
 ま、まぁ、とにかく曲が始まります。
 宮本さん、第1楽章から唸っておられます。足をガッと広げて、冒頭から熱い指揮でございました。オーボエを吹いておられた時は、こういう熱い指揮をするお姿は想像できなかったんですが……(^_^;)
 今日の席は1階席の後方、2階席の下だったんですが、オケ全体を引っ張る長原さんの音色が際立って聞こえてきておりました。そして、渡邉さんのティンパニも、第1楽章から迫力があってキレのいい演奏でございました♪
 繰り返しかな?と思ったら、微妙に音に変化があって「あ、違ったのね」的な展開をする第1楽章。最初から緊張感に満ちていて、聴きごたえのある演奏でございました。

 続く第2楽章です。
 冒頭から、渡邉さんのティンパニが爆裂です。うーん、あのキレの良さ、さすがなのですp(>_<)q
 リズムの応酬が続くかと思えば、突如ニ長調で軽やかなメロディが奏でられ、明るい曲調になるこの楽章。そんな展開が、最終楽章を暗示しているというのもなるほど、確かにそうだなぁ、と。
 やはり某指揮者さまの著書で読んだことを思い出してしまうファンが、ここに一人(苦笑)
 個人的に、この楽章。オーボエ奏者さんはやりづらいだろうなぁ、なんてことも思ってしまいました。
 だって、ねぇ。指揮者は3月まで現役だった元オーボエ奏者なんですもの。指揮者が吹いた方が上手いだろう、って感じじゃないですか(笑)
 この楽章、渡邉さんのティンパニにドキドキし、全体的にノリノリで聴かせていただきました♪

 続く第3楽章は、緊張感漂う第1楽章、リズムの応酬が続く第2楽章とは雰囲気をガラリと変えて、この上ないほどに美しい曲です。
 うっとりするほどに美しいんですけど。
 あまりの美しさに涙してしまう楽章なんですけど。
 ベートーヴェンさんが描き出す美しさは、どこか地に足がついた美しさだなぁ、なんてことを思います。例えばマーラーさんだったら、ちょっと狂気がかった美しさになっちゃうような気がするんですけど。ベートーヴェンさんは、自然に、素直に美しいと感じられるように思います。
 この楽章、涙でステージが霞んじゃいました(^_^;)

 そして、いよいよ最終楽章です。
 第1楽章、第2楽章で登場したメロディが次々に出てきては消え、第3楽章のメロディが出てきてから次の“歓喜のテーマ”へと移っていく。
 この部分を、某指揮者さま……て金聖響さんなんですけどね(^_^;)……は著書「ベートーヴェンの交響曲」でこう語っておられます。

 このときの各楽章のメロディ、およびチェロとコントラバス(低弦)の掛け合いの楽譜を詳しく見てみると、たしかに低弦は1楽章と2楽章の主題を「そうではない」と否定しているのですが、第3楽章の主題に対しては明らかに肯定しています。という以上に、第2楽章の主題が提示されたあとから「肯定モード」に入ります。小節を区切る二重線の上にフェルマータが付けられ、その後のチェロとコントラバスがヘ長調になるのです。ヘ長調(F-dur)というのは『田園交響曲』の調性で、その調性自身が「パストラーレ」とも呼ばれ、穏やかで肯定的な調性です。決して否定ではありません。そうして第3楽章の天上の音楽を導き出したあと、これはこれでいいのだけれど(でも、ここでは)もっと別の音楽を、と語っているのです。

 聴きながら、なるほどなぁ、確かにその通りだなぁ。
 なんてことを思い出してしまいました。
 そして気持ちだけはいつまでも現役なパーカッショニストとして、第九を聴くといつも注目してしまうのが、330小節目の「vor Gott」
 全パートが全開ffなのに、ティンパニだけff→pへとデクレッシェンドが指示されている(私が持っているスコアもそうなってます)あの部分。
 宮本さんはどうかしら?
 と思ってましたら……
 渡邉さん、全開ffで爆裂状態(^^)
 やっぱり、そうよね?
 とウンウン頷きながら聴く、変な人がここに一人(汗)

 その後に続くトルコ行進曲の部分も、なるほど歌詞の意味を考えてみれば、聖響さんが仰ったようにも聞こえるなぁ、なんて思いつつ聴いておりました。
 一部、宮本さんに倣って一緒に歌いそうになりつつ(口を動かすだけに止めておきましたが;)
 今年最後のコンサートを第九で締めくくるなんてそういえば頻繁にコンサートを聴くようになってから初めての経験だなぁ。なんて妙なことに感心しつつ、最後まで堪能させていただきました。
 合唱がところどころバラッとなったり、テノールの方がいっぱいいっぱいで無理無理歌ってる感があったり……と、細かいツッコミはいろいろあったんですけど。
 でも全体的に楽しませていただきました。
 2007年の締めのコンサート、久方ぶりの生で聴く第九。
 堪能致しました(^^)

▼続きを読む▼


スポンサーサイト

20071102_brazyk3

 4月から始まった、金聖響さんとOEKさんによるブラームス・チクルスも第3回目。
 先月第1番の交響曲のCDが発売されてから約10日。
 その興奮も冷めやらぬまま大阪まで足を運び、第3番を聴いてきました。

 聖響さんがブログでこの第3番の録音のことや、金沢での定演ことなどを書かれておりましたし。
 折しも昨日、わが地元岡山で発行されている新聞で、金聖響さんの話題が出ておりました。そちらはブラームスではなくて、ベートーヴェンの「第九」に関する話題だったんですけどね。やはり先月発売された著書「ベートーヴェンの交響曲」で第九について語っておられる一節が取り上げられて、紹介されておりました。
 おかげさまで、前日からテンション上がっておりました(笑)

----------------------------------------
聖響×OEKブラームス・チクルス 第3回

ヨハネス・ブラームス

ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
交響曲第3番 ヘ長調 作品90
(休憩)
ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品83
 ピアノ独奏:清水和音

指揮:金聖響
管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢

ザ・シンフォニーホール 15:00~
----------------------------------------

 今日のコンサートは、前半からいきなり交響曲でした。
 それに先駆けて演奏されたのが、「ハイドンの主題による変奏曲」
 えーと、どんな曲だったっけ?
 と記憶の引き出しを探していたんですが、曲の冒頭「レーミ♭レ・レ・ミ♭ーレー♪」を聴いた瞬間、「これかぁっ!!」と思い出しました。
 懐かしいですねぇ、「聖アントニー・コラール」(^^)
 中学時代、選択授業で音楽を選択した人ばかりが集まる授業で、この曲をリコーダー四重奏で演奏したことを思い出しました。あの時はバス・リコーダーを初めて吹いて、楽器の重さとボーと出てくる音の低さに戸惑ったものです(笑)
 なんて思い出話は置いておいて。
 冒頭のシンプルなコラールが、次々と曲調を変えて変奏されていく曲です。
 柔らかい音色で奏でられたかと思えば、カチッとしたアップテンポになったり、壮大な曲調になったり、短調になったり……
 もう12月ですが、変わりやすいものの例えとして「女心と秋の空」(個人的に、男心の方がハマってるんじゃない?と思いますけど;)なんて言いますが。
 この曲もそんな感じかしら?と思いつつ、楽しませていただきました。

 続きまして、先日レコーディングも素晴らしかったらしい、交響曲第3番です。
 ……さすがに、「ハイドンの~」とは音がまるで違います。
 調はヘ長調だけど、「え? これって短調なの?」と誤解してしまいそうな、いきなり激情が爆発するような冒頭から、圧倒されました。
 硬質のバチを使用したティンパニがガンガン鳴って、迫力倍増であります。
 第1楽章の主題の1回目よりも、繰り返しをした2回目、そしてさらに曲が進んでいくにつれて、聖響さんもオケの皆さんもどんどんテンションが上がっていくように感じました。
 ここが聞かせどころなの!という要所を除いて、全体的にビブラートを抑えめにしている弦楽器(特にヴァイオリン)のしなやかな音色も健在です。
 第2楽章は美しかったです~(^^)
 美しい曲を、どこかほんわかと温かくなるような音色で奏でられてですね。小春日和に日向ぼっこをしているような心地で、とても気持ち良くて。肉体的にも精神的にもかなり蓄積されている(と思うです;)疲れにじんわりと沁みこんで、夢の中へ誘われそうになりました(汗;)
 第3楽章は、本日もっとも楽しみにしておりました曲です。
 大大大大好きな楽章です♪
 あの哀愁漂うメロディ、拍子にきっちりハマりきらない感が絶妙なあのメロディ、大好きなんですよ。
 それを今日の金聖響さんとOEKさんはですね。絶妙に音を膨らませて、抜いて……と、掴んだと思ったら離れていくような、ちょっともどかしさを感じつつ、だからこそもっと求めたい。みたいな(相変わらずワケわからない例えですな;)演奏だったんですよ。
 まぁ、簡単に言えば。
 ストレートで真ん中射抜かれた、たまらんスマッシュな演奏だったわけでございます。
 ここぞ!と今まで抑えていたビブラートをかけて演奏する弦楽器さんたちも、ホルンのソロも。
 泣かせてくれました。
 ああもう、大好きだ、チクショー!
 なんて、ちょっと口汚く心の中で叫んでしまいました(笑)
 ブラームスさんって、ロマンチストな方?
 と思うような、ちょっと女性的な面を見せていただいたような第3楽章から一転、激しさを見せる第4楽章も素晴らしかったです。
 オーケストラがフルで鳴る部分など、さらなる高みへと引き上げられるような、天の高いところへ連れて行かれそうなあの感覚を味わいました。
 そんな激しさや高揚感を見せながらも、最後は静かに終わりを迎えて、静寂の中に余韻を聴き……たいところだったんですけど。
 拍手のタイミングがちょっと早かったような……(涙)
 CDでは音が鳴りやんだ瞬間=曲の終わりですけど。
 生では指揮者が手を下ろした時が曲の終りなんだよぉ。
 もう少し辛抱してよぉ、とちょっと残念な気持ちでございました。

 交響曲第3番、堪能させていただきました。
 これで、今年1年でブラームスの交響曲全4曲を、全て生で聴くことができました。
 願わくば、聖響さんの指揮でコンプリートしたかったんですけどね。
 まぁ、何もかも自分の思い通りにはいきませんから、仕方ないです。
 来年の3月には第4回が控えてますからね(^^)

 休憩を挟んだ後半は、ピアノ協奏曲第2番です。
 ホルンとピアノの掛け合いで静かに始まる協奏曲なんですが…協奏曲というより、ピアノ付きの管弦楽曲という感じ(というか、構成から考えたらむしろ交響曲?)の曲でした。
 清水さんのピアノ、とても綺麗でした。
 そして交響曲第3番でも魅せてくれた、1stホルンさん。本当に美しい音色でありました。
 清水さんと聖響さんも、だんだんヒートアップしていく感じでして。
 ああ、楽しそうだな~、と拝見しておりました。
 第2楽章は……スミマセン、日頃の疲れが出たのか、集中力を交響曲で使い果たしてしまったのか。ほとんど夢心地で聴いておりました(滝汗;)
 第3楽章では、チェロの独奏に酔わせていただきました(^.^)
 全体的にビブラート抑えめにしていると、ここぞ!という聞かせどころでのビブラートがより一層活きてくるんだなぁ、と改めて感じさせられました。
 リズミカルな第4楽章も、聴いていてとても楽しかったです。
 全体的にとても楽しくて、気持ち良くて、音色が心地よくて。
 気持ち良すぎて、心地よすぎて、睡魔さんの誘惑に負けないように戦いつつの鑑賞となってしまいました(大汗;)

 演奏が終わった後、カテコでの清水さんと聖響さんのやりとりが微笑ましかったです(^^)
 失礼とは思いましたが、「君も前に出てこようよ」「君も一緒に頭下げようね」的なやり取りを拝見し、我慢できずに笑ってしまいました。ホントに微笑ましかったんですよ~。
 楽しく、素晴らしい演奏を聴かせていただいた清水さん、聖響さん、OEKさん。
 心より、感謝申し上げます(礼)

結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。