2005 / 05
≪ 2005 / 04   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2005 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005倉管演奏会

<プログラム>

 モーツァルト作曲 交響曲第38番ニ長調 K504「プラハ」
 R.シュトラウス作曲 交響詩「ドン・ファン」
 ブラームス作曲 交響曲第4番ホ短調 Op.98

指揮:田中一嘉
演奏:倉敷管弦楽団
2005年5月29日 14:30
倉敷市民会館ホール
-----------------------------------------------

 今日はクラスの友人に誘われて、私的には数年ぶりに、地元倉敷のアマチュアオーケストラの定期演奏会に行きました。
 アマチュアオケと言えど、すでに創立から30年を越え、団員も90人以上おられて、下手なプロより上手くて。まだブレイクする前の佐渡裕さんを指揮者に招いたこともあるし、国内の著名なソリストはもちろん、過去にはイヴリー・ギトリスと共演したこともある、という侮れない楽団です。

 今日のプログラム。
 モーツァルトとブラームスは、前にも聴いたことがあるので記憶にあって、楽しみでして。
 R.シュトラウスの「ドン・ファン」は“あれ~、聴いたことあるような気がするんだけど、どんな曲だったか思い出せないや”と思っておりましたら、最初の1小節で思い出しました。
“うわ、メッチャ聴いたことある!!”
 そう、毎週日曜日、NHK教育で放送されているN響アワーのオープニングでかかっている、アレでございました(笑)
 そういえば、アシスタントが大河内奈々子さんになった最初の週に、池辺さんが「この曲は、R.シュトラウスの『ドン・ファン』という曲で……」なんてことを言っていたような気がします。

 というわけで、結局蓋を開けてみれば、全部聞き覚えのある曲ばかり、という演奏会でございました。

 モーツァルトは、とてもいい演奏で、楽しませていただいたのですけれど……3楽章がもうちょっとメリハリがあると面白かったのになぁ、と思いました。全体的にフォルテとピアノの音量差があまりなかったのと、ティンパニがもう気持ち前に出てもよかったのではないかなぁ、と。
 そしてこの曲。
 ピリオド・アプローチで聴いたらまた印象が違うんだろうなぁ、と思ってしまった私は……5月1日に「この人、凄いっ!」とファンになった指揮者、金聖響さんに影響されすぎでしょうか(苦笑)

 続くR.シュトラウスは、今日の演奏会で一番良かったです。冒頭から迫力&インパクトのある曲だから、ということもあるのですけれど。ティンパニも演奏者かわって小気味良くて(やはり、パワーという意味では男性の方が向いている楽器なのかなぁ、と思いました。あれをガンガン鳴らされた日にゃ、バスドラムでも対抗できないことありますから;)
 途中、ハーモニーもリズムもピタリと合う瞬間があって、ゾクゾクきました。
 前はオーケストラでも室内楽でもソロでも、いい演奏を聴くとゾクゾクきていたのですが、ここ数年は倉敷音楽祭でもそこまでの感覚というのがなかったので、本当に久しぶりな感触でした。

 そして、これも楽しみにしていましたブラームス。
 やはり、いいですね。冒頭の、ため息のようなヴァイオリンの調べは。団員さんによるプログラムの解説では「中高年の寂しさがひとしおです」とありますが(笑)
 そして聴いていて思い出しました。私、この曲の第3楽章がとても好きなのでした。
 ただ、やはりティンパニがもう少し前に出てきてもよかったかなぁ、と思いました。モーツァルトのティンパニと同じ方が叩いておられたのですが……。時折、タンタタ、というリズムなのか3連符なのか判別つかなくなることがあったので。

 ……ティンパニに関しては、この5月の間ずーっと。
 金聖響さん&OEKさんのベートーヴェンで、小気味よくメリハリのあるティンパニを耳にして、それに慣れてしまっていたので余計にそう感じたのかもしれないです。
 そして、私が打楽器出身ということで、やはり見る目が多少辛い、というのもあるのでしょう(苦笑)

(2005.5.29 べっさつ結月堂 より一部加筆・修正)

▼続きを読む▼


スポンサーサイト

金聖響指揮
ベートーヴェン作曲 交響曲第2番、第7番
  (2003年リリース WPCS-11684)


ベートーヴェン作曲

  交響曲第2番 ニ長調 作品36
   第1楽章 Adagio molto-Allegro con brio
   第2楽章 Larghetto
   第3楽章 Scherzo(Allegro)
   第4楽章 Allegro molto

  交響曲第7番 イ長調 作品92
   第1楽章 Poco sostenuto-Vivace
   第2楽章 Allegretto
   第3楽章 Presto
   第4楽章 Allegro con brio

管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢
指揮:金聖響
--------------------------------------------------

 第5番から、第3番と、リリースされた順番を逆から辿っていった、金聖響さん&OEKさんのベートーヴェン交響曲シリーズ。ついに、最初にリリースされ、聖響さん単独ではデビューCDとなったこの2番と7番を聞きました。
 何故、2番と7番の組み合わせなんだろう?と思っておりましたら、この2曲。オーケストラの楽器編成が全く同じなのだそうです。不勉強な私は、ライナーノーツを読みながら「へぇ~」と、頭の中で“へぇボタン”を押しておりました(笑)

 で、以下感想ですが、まずは第2番から。

 交響曲第2番は、その後に作曲された第3番《英雄》の陰に隠れてしまうように、地味な存在だと思うのですね。
 実際、私もコンサートで耳にしたことが1度はあって(一応、ベートーヴェンの交響曲は一通り生で聴いています)。
 CDも持っていて(それも、購入したのではなく、「要返却」と書かれているにもかかわらず、会社を辞めてしまったのでそのまま手元に持っているサンプル盤を;)
 何度か耳にしているはずなんですが……正直申し上げまして、「で、どんな曲だっけ?」という状態でした。このCDを聴くまでは。

 第1楽章の冒頭、ゆったりとした序奏は壮大で、木管楽器が大活躍、といった感じで。途中、一瞬第九を思わせるような場面もあって。テンポが上がってからは、躍動感があって。うわぁ、こんなに面白い曲だったんだ~♪と思いました。
 第2楽章は、一転してとても落ち着いた様子の、しっとりと聴かせる緩徐楽章です。弦楽器の響きがとても綺麗で、ヴィブラートをあまりかけないために、ちょっと線が細いなぁ、と感じる音色が絶妙で、メロディの美しさを引き立たせているような気がします。
 第3楽章は、力強さを感じさせてくれるスケルツォ。クレッシェンドしたかと思うとディミニュエンドする、あの音のうねりがとても好きです。とても短い楽章ですが、短いだけにギュッ!といろいろなものが凝縮されているような気がします。
 ラストの第4楽章は、聴いた瞬間に「うわ、可愛い~♪」と微笑ましく思ってしまいました。ピリリと効いたフルートも、細かく刻む弦楽器も可愛らしくて。流麗なメロディにうっとりしていると、一転して激しくなって。何となく、ベートーヴェンさんの気まぐれに振り回されているような気分になって、楽しくなります。

 とまぁ、楽章ごとに大まかな感想を述べさせていただいたのですが、全体として。
 第2番って、こんなに楽しい曲だったんだ!
 と、またしても目からウロコが落ちました。本当に、今まで私はこの曲の何を聴いていたんだろう!?と、5番、3番に続いて「やっとわかったか? この曲、こんなに楽しいんやで」と、聖響さんにガツンとやられた気分です(笑)

 続きまして、第7番の感想に移らせていただきます。

 第7番は、副題こそついていないものの、結構有名な交響曲だと思うのですね。聴いていてとても楽しいですし、第4楽章などは「ベートーヴェンが酒に酩酊しながら作曲したようだ」と言われている、なんてエピソードもあるくらいなので。
 私も、このCDを聴く前から7番は好きな交響曲リストに入っておりました。

 第1楽章はどっしりと落ち着いた序奏から始まって、木管楽器に導かれながらテンポが上がって、一気に華やかなリズムの応酬、といった感じでしょうか。バロックティンパニがビシッ!とリズム隊を締めているのが、元打楽器の私的には好ましいです。
 第2楽章は、比較的ゆっくりしたテンポで(と言っても、アレグレットなのでそれほど遅くはないですけれど)、明るい第1楽章から一転して短調です。でも、葬送行進曲のようなリズムが全曲を通して流れていて、だんだん音量が大きくなっていって……やっぱり、好きです♪
 第3楽章は、またまた速いテンポで展開されるスケルツォ楽章。私が持っている別のCDでは冒頭の主題が繰り返されるのですが、この録音で使用されている楽譜ではその繰り返しが書かれていないらしく、そのまま次へと曲が進んでいきます。そのまま速いテンポで突っ切るのかと思ったら、テンポが緩んで優雅で壮大なメロディが展開されるのも、この曲を聴いていて飽きない理由の一つかもしれません。
 ラストの第4楽章は、まさに狂喜乱舞といった印象の華々しい楽章です。指揮者もオーケストラも、楽譜に書かれている音符に導かれるままに暴れている、といった感じを受けるのは私だけでしょうか(笑)
 一度、ミニスコアを見たことがありますが、それを見て、こんな音が鳴るんだろうなぁ、と想像するだけでも楽しくて、思わずニヤニヤしてしまいました(笑)
 この録音ではヴァイオリンが対向配置なので、最後の方で第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが交互に同じ動きを受け渡していく部分は、右左交互に音が聴こえてきて、ホールで聴くとそういう音響効果も楽しめるのではないかと思います。
 
 今まで聴いてきた第5番《運命》や、第3番《英雄》でも思ったのですけれど。
 金聖響さんが振るベートーヴェンの交響曲は、弦楽器と管・打楽器が対等な関係にあるような気がします。と言いますのが、指揮者によっては弦楽器の響きを重視して、管楽器やティンパニの音が目立たない演奏になっていることもあるのですね。実際、私が持っている別の録音は、その傾向が強いです。……あえて、指揮者の名前は申し上げませんが(苦笑)
 聖響さんのCDを聴いて、改めて別のCDを聴き直してみて「なるほど、これに慣れた耳には、聖響さんの演奏が斬新に聴こえるのは、無理ないかもしれない」と思いました。

 CDのライナーノーツには「近くにいたんだ! こんな凄い指揮者が!」といったことが書かれていましたが(これを書いている現在、現物が手元にないため詳細が確認できておりません、申し訳ないです;)
 CDを聴いて、まさに同感だと思いました。

▼続きを読む▼


金聖響指揮
 ベートーヴェン作曲 交響曲第3番 変ホ長調 作品55《英雄》
  (2003年リリース WPCS-11685)


ベートーヴェン作曲
  交響曲第3番 変ホ長調 作品55《英雄》
    第1楽章 Allegro con brio
    第2楽章 Marcia funebre:Adagio assai
    第3楽章 Scherzo:Allegro vivace
    第4楽章 Finale:Allegro molto
  《コリオラン》序曲 作品62

管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢
指揮:金聖響
---------------------------------------------------------

 第5番「運命」に続いて聴いた、金聖響&OEKによるベートーヴェンの交響曲のCDがこの第3番「英雄」でした。「運命」では目からウロコで衝撃的な演奏を聴かせて下さったので、「英雄」はどうかしら?と期待しながら聴きました。

 全体として、明るくて、清々しくて、それでいてとても熱い「英雄」でした。
 このCD、OEKの定期演奏会で演奏されたものがそのまま収録されているということで、指揮者の息遣いとか声も聞こえてきて、聴いていて、まるでそのホールにいるかのような臨場感がありました。

 フォルテ2発の和音、という短い序奏から始まる印象的な第1楽章は、突き抜ける青空のような明るさと清々しさがあって、とても優雅で、聴いていてとても気持ちいいです。
 この楽章、作曲された当時はトランペットで出せる最高音が限られていたために、ラスト近くのクライマックスで華々しく旋律を吹き鳴らすトランペットが突然姿を消して伴奏に回る、という事態が起きているのですね。でも、今のトランペットは主旋律を続けて吹くことが可能なために、指揮者の中には楽譜を修正して、続けて吹かせている録音も数多くあります。
 が、楽譜を忠実に再現することを心がけておられる金聖響さんが、楽譜を「修正」するはずはなくてですね。楽譜どおりに演奏されているのですが、その部分は初めからトランペットを目立たせなくすることで、不自然に聞こえないように工夫されているようでした。

 続く第2楽章は、「葬送行進曲」と書かれた、壮大で荘厳でドラマティックな楽章です。この楽章が秀逸でした。
 始まりの主題は、静かで荘厳で重々しく。
 長調へと転調する再現部は、重々しさを残しつつも華々しくて。
 再び短調へと戻って、主題がもう一度登場して、フーガへ突入するこの部分を聴いていて、泣かされました。もともとこの部分は、どこかバッハを思わせるようで、好きな所だったのですね。でも、泣かされたのはこのCDが初めてでした。
 第2ヴァイオリンから始まるメロディが、次々に受け渡されていって、形を変えて、だんだんと盛り上がっていくこの部分。上へ上へと駆け上っていく音の先にガーン!と鳴らされるティンパニが、さながら天から下される鉄槌のように激しくて、鋭くて。聴こえてくる音に、どうしようもなく心が揺さぶられて、堪えきれなくなって、泣きました。以来、ここを聴くたびに何度も泣きます(笑)。
 続く再現部にも、途中でとても優しく包み込まれるような部分があって、やはり好きだなぁ、と。
 全体的に、テンポは遅めで、とてもドラマティックに彩られた第2楽章の「葬送行進曲」だと思います。もし、私が死んだらこの曲で、金聖響&OEKの組み合わせで演奏されたこのCDで、送ってほしいなぁ、なんてことを思ってしまいました。

 なお、このCDを入手してから3週間ほど経ったある晩。
 イヤホンでこの曲を聴いていました時に、ちょうど私が泣かされる場所で、何やら引っかかる音を耳がキャッチしました。
 それは、明らかに男性の声で、しかも妙にリズムに乗っておりました。そして、先に聴いていた『運命』のCDに付いていたリハーサルのドキュメンタリーDVDで、振りながら歌っておられる聖響さんの声にそっくりでした。
 そう、彼は、思わず声が出てしまうくらい、この部分を、とても気合を入れて振っておられたんですね。声が入っていると気づいたのはその時が初めてだったのですけれど、声が聞こえていなくても、その彼の熱意とか、振っている時の気合とか。ちゃんとオーケストラが受け止めて、音にして、それを聴いてどうしようもなく感動して泣かされていたわけか、と。
 それに気づくと同時に、これまた、CDという媒体を通じてでもこれだけの「熱」を伝えてくる金聖響という指揮者の卓越した表現力と言いますか、熱意と言いますか。改めて、これはとんでもない指揮者に出会ったものだなぁ、と感心してしまいました。

 余談ついでにお話しますが、私が所有しているもう1枚の《英雄》。ジョージ・セル氏が指揮しているのですけれど、こちらのCDを改めて聴き直してみましたら、彼も金聖響さんと全く同じ場所で声を挙げておられました。
 第2楽章の展開部は、振っている指揮者もとても力が入る場所なんだなぁ、と。勝手に解釈させていただいております。

 続く第3楽章は、第2楽章の重々しい空気から一変して、明るく弾むようなスケルツォ。短い楽章ですが、楽しくてとても好きです。
 そして華々しく始まる第4楽章。
 この第4楽章は、「プロメテウスの創造物」というバレエ音楽の終曲を基にして作られていて、主題を7回繰り返して変奏していく、という面白い楽章です。
 華々しく始まって、いきなり音量が落ちて、弦楽器のピチカートで奏でられる主題がとても愛らしくて、微笑ましい思いで聴いてしまいます。手を変え、品を変えて展開されていくそれぞれの変奏も面白くて、楽しくて。ラストは一気に突っ走って華々しく終わってくれるので、生で聴いたら終わった瞬間に「ブラボー!」と叫んでしまいそうです。スッキリ爽快、といった感じでした。

 もう一つ余談ですが、この《英雄》。
 金聖響さんの公式ブログにて、最初と最後の1分ずつ、演奏している映像を見ることができます。曲を聴いて、こんな感じで振っておられるのかなぁ、と何となく思っていた通りの(いや、それ以上に表情豊かに)振っておられて、感激致しました。
 その映像、ぜひとも全編ノーカットで収録してDVD化していただきたいのですが……ムリでしょうか(苦笑)。

 同時収録の《コリオラン》序曲も、重々しく鳴り響いたかと思うと、断ち切られる音。そして訪れる一瞬の静寂。劇的で、ステキな演奏だと思いました。

 この《英雄》。
 ぜひとも一度、金聖響さんの指揮で、生で聴いて体感して、泣きたい1曲です。

金聖響 指揮
ベートーヴェン 交響曲第5番 ハ短調 作品67 《運命》 
 (2004年リリース WPZS-30005/6)


<Disc-1>
ベートーヴェン
  交響曲第5番 ハ短調 作品67 《運命》
    第1楽章 Allegro con brio
    第2楽章 Andante con morto
   第3楽章 Allegro
   第4楽章 Allegro
 《エグモント》 作品84 序曲

指揮:金聖響
演奏:オーケストラ・アンサンブル金沢

<Disc-2>
《運命》との対話
  リハーサル風景&インタビューにより構成されたドキュメンタリー映像作品
------------------------------------------------

 今日、とんでもない指揮者に出会ってしまいました。

 ベートーヴェンの《運命》と言えば、誰もが「ジャジャジャジャーン」と歌えるという、世界一有名な交響曲です。
 私も、生で聴いたことはもちろんのこと、CDも2枚持っていて、聴いたらすぐに「あ、これ2楽章」とか「ここは4楽章」といった具合にわかるほど、よく耳にしている曲です。

 なのに。
 この聖響さんの《運命》は……。

 正直、聴いた時に、「これって、こんな曲だったっけ?」と思いました。
 まず、聞き流すということができないのです。もう、ぐいぐい引き寄せられる感じで。 もう、夢中になって聴いてしまいました。
 そして、今まで何の気なしに聞いていて、耳に入ってはいても認識していなかったようなパートがとてもクリアに聞こえてきて、「あれ、こんな所でこんな楽器が…」と気づかされる、という。
 例えば、第4楽章のピッコロ。このCDで聴くまで、4楽章全体にわたってピッコロが活躍しているとは知りませんでした。

 全体的にとてもメリハリが効いていて、パワフルで。ピアノはちゃんとピアノの音量なのですが、フォルテはフォルティッシモに、フォルティッシモはフォルティシシモくらいの音量に聴こえます。とても、40人ほどで演奏しているとは思えない音量です。
 スラーとスタッカート、何もついていない音符など、その違いがはっきりとわかる演奏で。
 また、ただ8分音符を刻むだけの場所でも、和音の変わり目にちょっとしたアクセントをつけたり、ほんの少しクレッシェンドしたり、ディミニュエンドしたり……といった、今まで聴いたことのない抑揚がついている箇所がいくつもあって。
 たちまち、大好きな1枚になってしまいました。

 でも、これは決して真新しさを追求してのことではない、というのが聖響さんのすごい所なのでしょう。彼は「ピリオド・アプローチ」といって、作曲家と作品…つまり、作曲者の意図を現代に伝えてくれるスコアに立ち返り、スコアに忠実に演奏する、ということを実践しておられるそうで。
 この《運命》も、スコアを研究し、書かれている通りに(CDに付属しているドキュメンタリーDVDでも、「書かれている通りにやりましょう」と聖響さんが指示するシーンがありました)演奏した結果だ、という。

 だからなのか、余計なものを全てそぎ落とした、とてもシンプルな曲になっているような気がしました。

 テンポの速さ、という点では小澤征爾さんとサイトウキネンのCDの方が、まだもう少し速いのですけれど。
 でも、どちらかと言えば速めのテンポで展開される1楽章は「ジャジャジャジャーン」が畳み掛けてくるようで、「ソドシトレララソ」の旋律も次々に畳み掛けるように展開されていて、まさに「運命の荒波が押し寄せる」といった感じに聞こえました。
 2楽章は優雅なメロディの中にも力強さがあって。
 3楽章で、一度音量が落ちてからノンストップで4楽章に駆け上がり、4楽章の冒頭を聴いた瞬間は、押さえつけられていたものが一気に弾けるような爽快感を覚えました。
 本当に、あんな爽快感のある《運命》の4楽章を聴いたのは初めてではないか、と。

 そして、ドキュメンタリーの中でこんな一幕がありました。
 《運命》という曲の偉大さに圧倒され、レコーディングを成功させなければ、というプレッシャーを背負って、1日目のレコーディングがギクシャクしてしまった聖響さんに、オーケストラ・アンサンブル金沢のコンマスがこう話したそうです。
 ……と言いましても、コンマスさんは多分英語で話されて、それを聖響さんが翻訳して、ご自分の言葉で語られたのですが……。

「相手はデカいんだから。もうね、気にしない。とにかく音楽が好き、ベートーヴェンが大好き。それだけでええんちゃうん」

 その言葉で吹っ切れて、2日目からは心機一転でレコーディングに臨んだそうです。
 そういうドキュメンタリーを拝見したからでしょうか。
 特に4楽章でそう感じたのですが、聴いていてひしひしと伝わってくるのです。
「俺、ベートーヴェン好きやねん! この曲メッチャ好きやねん! この曲振るの、メッチャ楽しい!」
 と聖響さんが叫んでいるような気がするのです。
 そして、それをオーケストラも受け止めて、楽しんで演奏しているような気がするのです。
 私がこのCDを聞き流せない理由の一つは、ここにあるのではないか、と。
 もちろん、ドキュメンタリーDVDを見て、聖響さんの指揮とかっこよさに一目惚れした、というのも理由の一つなのですけど(笑)。

 ドキュメンタリーDVDは、初回限定盤にだけついているのですが、これはぜひ、DVDと合わせて楽しんでいただきたいです。
 DVDで、リハーサルで聖響さんが振っているところを見ているからなのでしょうか。 CDを聴いていると、聖響さんが振っている姿が目に浮かぶようでした。

 でもなぁ、これだけ満足した《運命》を聴いてしまうと……。
 この先、他の人が指揮する《運命》を聴いたら「なんか物足りない」と思ってしまうのではないか、とちょっとだけ不安になってしまいました(苦笑)。

 私が持っている《運命》は聖響さんが3枚目。
 前の2枚は、1枚は話にも出てきた小澤征爾さんで、もう1枚はカラヤン指揮です。
 でも、今のところ、この聖響さんが一番好きです。
 このレコーディングの時、聖響さんは34歳。この先、指揮者としてもっと経験を積んでいって、また同じ曲を振ることになったとしたら。その時はどんな音になるんだろう?と、とても楽しみです。

 また、同時収録されている「エグモント序曲」も素晴らしいです。
 曲全体としては、《運命》ととてもよく似ています。暗→明へと駆け抜けて、“歓喜の象徴”と言われるピッコロが高らかに鳴り響く。あの爽快感はたまりません。
 そして、荘厳でゆったりとした旋律が終わって、静かになった所で現れるヴァイオリンのメロディ。
 「ラ♭ーシ♭ラ♭ソ♭ファファ」と鳴り響くその音の、なんと綺麗なこと!
 ヴァイオリンからクラリネット、フルート、オーボエへと受け渡されていく辺りがとても綺麗で、「ずっとこの音だけを聴いていたい!」と思うほど、陶酔してしまいます。

 《運命》も《エグモント 序曲》も。
 どちらも「こんな曲だったんだ!」と目からウロコで、爽快感があって、聴いていてとても気持ちのいい演奏でした。

(2005.5.20 「結月堂」Musicページより 一部加筆・修正)

結月秋絵

Author:結月秋絵
ようこそお越し下さいました(礼)
音楽の原点はG-CLEF。
好きな指揮者は金聖響さん、佐渡裕さん、下野竜也さん。
好きなヴァイオリニストは落合徹也さん、古澤巌さん、神奈川フィルのソロ・コンマス石田泰尚さん。
好きなピアニストは榊原大さん。
好きなチェリストは柏木広樹さん、ヨーヨー・マさん。
などなど、挙げ始めるときりが無いです(笑)
ピアノ、パーカッション(吹奏楽部にて)、ヴァイオリンの楽器経験があります。
ちなみに、この写真は倉敷市民会館のステージにて。中学時代の定位置(=鍵盤楽器系パーカッション)からの隠し撮りです(爆)

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。